Steamゲームの購入方法一覧・クレジットカードなしで有料ゲームがお得に買える!

皆さん、Steam(スチーム)をご存知ですか?
北米のゲームメーカーVelve社が運営する世界最大規模の"PCゲームプラットフォーム"です。

有名どころからインディーまで、揃っているゲームは数千種類!アメリカと中国を始め、世界中のゲーマーに愛されています。

この記事では、Steamでのゲームの買い方とお得な支払い方法について、説明します。

”PCゲームプラットフォーム”とは

出典:Steam公式サイト

PCゲームプラットフォームとは、専用アプリでPCゲームの購入や管理ができるシステムのことです。
また、対戦やチャットなどプラットフォームを通じてプレイヤー間の交流もできます。
PCゲームプラットフォームは複数ありますが、特にプレイヤーも多く人気が高いのが「Steam(スチーム)」です。

利用の流れ

  1. Steam公式より、クライアント(アプリ)をダウンロード
  2. アカウント作成
  3. 「ストア」からゲームをダウンロード

有料ゲームの支払い方法一覧

有料ゲームをダウンロードする場合は支払い方法を選択します。
主な支払い方法は以下の3つです。

①Steamウォレット

Steam専用の電子マネーです。
以下の方法で、事前にウォレットに入金(チャージ)して利用する事ができます。

  • PayPal
  • クレカジットカード
  • コンビニ支払い(手数料: 180円)
  • 銀行振り込み(手数料: 金融機関により異なる)
  • WebMoney

コンビニ支払い、銀行振り込みでのチャージには、所定の振込手数料(コンビニ支払い:180円、銀行振込:銀行により異なる)がかかります。

②クレジットカード

以下のブランドのクレジットカードで直接支払う事ができます。

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • アメリカンエキスプレス

③コンビニ支払い

コンビニ支払には 185円の手数料がかかります。以下のコンビニで支払いが可能です。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • セブン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • サークルケーサンクス

その他

余り馴染みがないものもあるかもしれませんが、以下の支払い方法も選択できます。

  • WebMoney
  • Paypal
  • nanacoギフト
  • ペイジー(手数料: 190円)
  • ネットキャッシュ
  • ビットキャッシュ

バンドルカードでのクレジットカード払いがおすすめ

クレジットカードを持っていない方、未成年の方には手数料のかかるコンビニ支払いや、ゲーム専用のSteamウォレットの開設は少々面倒かもしれませんね。
しかし、バンドルカードなら誰でも簡単にVisaカードとしてSteam(スチーム)でお支払い頂けるようになります。

バンドルカードはプリペイドカードなので、クレジットカードとは異なり審査がありません。
その上、年齢制限なども無く誰でも簡単に始めて頂けます。
カード発行は、スマホにアプリをインストールし、アカウント作成画面から

  • ユーザーID
  • パスワード
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 性別

を登録するだけ!
すぐにネットショップで使用できるバーチャルカードが発行されます。
プリペイドカードなので、事前にお金を入金(チャージ)してお使い下さい。
また、手数料300円でリアルカードを発行すれば、街のVisa加盟店でもお買い物ができるように!

購入方法

ストアにて購入したいゲームを選択します。
そして、支払い方法の「ビザ」を選択し、バンドルカード情報と住所を入力するだけ。

するとライブラリにゲームが追加され、購入完了となります!

まとめ

大人気PCゲームプラットフォームSteam(スチーム)について、また有料ゲームの購入方法についてお伝えしました。
ゲーム好きの方は是非、この機会にバンドルカードでお得にはじめてみてはいかがでしょうか?

Sayo Morimoto

2019年5月14日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00