いま現金が無くても安心!キャッシュレス生活のすすめ

「今コンビニ寄りたいけど現金ない…」「小銭持ち歩くのって面倒…」

そんな時に便利なのが、”キャッシュレス決済”。
「キャッシュ」、いわゆる「現金」を使わない決済方法のことです。

近頃は現金が無くても決済ができる手軽さとスピーディーさで注目を集めています。

今回はそんなキャッシュレス決済について、お店での支払い方法、また実際にお金が請求されるタイミングに着目して、それぞれの種類や決済方法をご紹介していきたいと思います。

カードだけじゃない!キャッシュレス決済のいろいろ

キャッシュレス決済にはいろいろな種類がありますが、ここでは利用者の支払い方法によって、まず以下の3種類に分けて説明します。
「カード決済」「スマホ決済(バーコードやQRコード。コード決済とも)」「非接触決済(交通系ICカードや楽天Edy等)」

カード決済

キャッシュレスといえば、一番最初に思いつくのがカード払いですよね。

例として、VisaやMastercard、JCBなどがあります。

カード決済では、レジのリーダーにて磁気ストライプ(カード裏の黒い横棒)やICチップを読み取ることで決済手続きをします。

カード払いには、クレジットカードやプリペイドカード、デビットカードがあります。

クレジットカード

クレジットカードは後払いが基本で、使った分は支払日にまとめて引き落とされます。
また、クレジットカードを作る際には、審査や年齢制限があるため、使いたくても使えない場合があります。

プリペイドカード

クレジットカードを使いたくても、

「未成年だからクレジットカードが作れない・・・」
「クレジットカードは使いすぎが心配・・・」

という方も多くいらっしゃると思います。
そんな方におすすめしたいのがプリペイドカードです。
プリペイドカードは、使いたい金額を事前にチャージして使います。
そのため、未成年でも作ることができ、使いすぎの心配もありません。

 

特に、バンドルカード は、アプリからすぐに作ることができるのでおすすめです。
チャージやお支払い履歴の確認もアプリからできます。
バンドルカードは、クレジットカードと同じように、Visa加盟店で使うことができます。

また、ポチっとチャージなら、バンドルカードへのチャージを後払いにすることができます。

関連記事

» Visaプリペイドカードのバンドルカードとは?

» バンドルカードのチャージ方法 ポチっとチャージ編

» 厳選!話題のプリペイドカード6つをご紹介!そもそもプリペイドカードとは?

スマホ決済(バーコード決済・QRコード決済)

次に日本でも近年導入が始まり注目されているのが「スマホ決済」です。

バーコードやQRコードを読み取って行われる決済方法で、まず、利用者が専用のアプリを使い、連携させる銀行口座情報やクレジットカード情報を登録する必要があります。

そして、お店側が提示するコードを利用者が読み取る、又は利用者のスマホに表示されるコードをお店側が読み取ることで決済が完了します。

スマホ決済の意外なメリット・デメリット

【メリット】

  • 基本的にはどんな機種のスマホでも使える!
    ガラケー時代とは違い、専用アプリが入っていればどの機種のスマホでもOK。
  • 海外でも利用可能な場合もある!
    スマホ決済は、バーコードやQRコードを読み取ればよいだけなので導入しやすく、決済会社が対応している国であれば、現地通貨無しでお買い物ができます。
    例えば中国では、QRコード決済のAlipay(アリペイ) や Wechat Pay(ウィーチャットペイ)をほぼどんなお店でも使えます。

【デメリット】

  • 非接触決済に比べて時間がかかる
    バーコードまたはQRコードの読み取りが必要なため、非接触決済に比べて時間がかかってしまいます。
  • 対応しているお店がまだ少ない!
    増えてきたとはいえ、スマホ決済に対応しているお店はまだまだ少ないです。スマホ決済で支払おうと思っていたのに、対応していなかった、ということもあり得ます。

関連記事

» これを見ればわかる!2019年QRコード決済まとめ

» 使い方と注意点まとめ!話題の「PayPay(ペイペイ)」をバンドルカードで使ってみよう

» 楽天ペイのチャージ方法は?使い方や使える店、メリット・デメリットについて解説

» Origami Payのキャンペーンと使い方まとめ

非接触決済

非接触決済とは、ICカードやおサイフケータイを専用端末に「かざすだけ」の決済方法のことです。

例えば「楽天Edy」を使う場合、Edyカード(Edy-楽天ポイントカード・Edy機能付き楽天カード)、もしくはアプリをダウンロードしたおサイフケータイを、上のマークの付いたコンビニやスーパーの専用端末にかざすことでお買い物ができます。

他にも、WAONカードや自動改札でのSuicaなどもこの方法が使われています。

キャッシュレス決済でのお金が請求されるタイミングいろいろ

先程はお店での支払い方法に着目して、キャッシュレス決済をご紹介しましたが、実はその中でも、お金が請求されるタイミングは様々です。
例えば、カード払いでも前払い・即時払い・後払いとお金が請求されるタイミングは様々です。それぞれ、何が違うのか詳しく説明します。

前払い(プリペイド)

前払いとはプリペイドカードに代表される、事前にお金を支払って(チャージしておいて)おいて、チャージされている残高から支払いをする方法のことです。
支払いに使うには、カードやアプリに一定金額をチャージしておく必要があります。
非接触決済の部分で触れた楽天Edyやセブンイレブンから提供されているnanaco、イオンのWAON、また交通会社からSuicaやICOCAなどの電子マネーサービスも前払いの一つです。

あらかじめチャージする方式なので、年齢制限や審査が無いものが多いです。
また、クレジットカードと違い、チャージした分しか使えないので、使いすぎの心配もありません。

 

また、先ほど紹介した バンドルカード もプリペイドカードの一つです。
バンドルカードは、アプリからすぐに作ることができるVisaカードです。
クレジットカードと同じように、Visa加盟店で使うことができます。
チャージや履歴の確認もアプリからでき、とても便利です。

ポチっとチャージを使うことで、後払いでチャージすることもできます。

バンドルカードについては、こちらも合わせてご覧ください。

» Visaプリペイドカードのバンドルカードとは?

» バンドルカードのチャージ方法 ポチっとチャージ編

» 厳選!話題のプリペイドカード6つをご紹介!そもそもプリペイドカードとは?

即時払い(デビット)

即時払いとは、購入すると同時に銀行口座から代金が引き落とされ、支払いが完了する方法です。身近なのは、デビットカードかと思います。
例えば、デビットカードの発行には厳しい審査が無く、銀行口座を持っていれば持つことが出来ます。
ただし、銀行口座の解説には審査があったり、デビットカード発行の条件を15歳以上の高校生(場合によっては18歳以上)と定めていたりする場合がほとんどです

後払い(ポストペイ)

クレジットカードに代表されるのが後払いです。
クレジットカードの場合は、カードを利用すると、その支払金額を一時的にカード会社が建て替えてくれている状態になります。
そして、先にカード会社が建て替えた支払い金額をまとめて、支払いから半月から一か月後にカード会社に支払う、という仕組みです。 手元に現金が無くても買い物ができ、コンビニはもちろん、レストランやオンラインショッピングなどで利用できます。
ただし、クレジットカードの場合は、発行条件に厳しい審査があります。また、利用金額がわからなくなってしまい、つい使いすぎてしまう、という場合もあるようです。

前払い、即時払い、後払いはどう使い分けるべき?

お金が請求されるタイミングが違うことは理解しても、それぞれどのように使い分ければよいか、なかなかイメージしづらいと思います。
そこで、状況別のおすすめの使い分けをまとめてみました。

  • 未成年の方
    未成年でも作れる前払いや即時払いのカードがおすすめです。

  • 金額をあらかじめ決めてから使いたい
    決まった金額をあらかじめチャージできる前払いのカードがおすすめです。

  • ゆとりをもって支払いたい
    支払いを先に延ばせる後払いがおすすめです。

前払いのプリペイドカードなら、アプリからすぐに作れるバンドルカードが便利です。
また、バンドルカードのポチっとチャージというサービスを使う事で、チャージした分を後払いで支払うことができます。

関連記事

» クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを徹底比較。どう使い分けるべき?

まとめ

現金無しのお買い物を実現させてくれるキャッシュレス決済の、種類や支払い方法、またお金を請求するタイミングご紹介しました。

いろいろなキャッシュレス決済の特徴、また前払い、後払いどちらも使えるバンドルカードについて、ぜひ知ってもらえたら嬉しいです。

Sayo Morimoto

作成:2019年1月21日

更新:2019年10月10日

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00