初心者におすすめのカードを紹介!失敗しない選び方も解説

サブスクにも使えて便利なVisaプリペイド【バンドルカード】

初心者におすすめのカードを紹介!失敗しない選び方も解説

キャッシュレス化が進む現代において、カードでの支払いができる店も多いです。

一言でカードといっても、クレジットカードやデビットカード・プリペイドカードと種類があり、どう違うのかわからない方も多いでしょう。

それぞれ性質が異なるので、何も知らずに作ってしまうと後々後悔する事にもなります。自分自身がどのようにカードを使うかによって、どのカードにするかを決めましょう。

そこで本記事では、今までカードを作ったことがない方へ向けて、そもそもカードとは何なのかを解説し、おすすめのカードを紹介します。

合わせて、カードを使う上での注意点や失敗しない選び方も解説するので、これからカードを持とうと検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

【この記事でわかること】

  • カードには、クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードの3種類がある
  • 初めてカードを使うならおすすめはプリペイドカード
  • プリペイドカードならVisaプリペイドカードの『バンドルカード』がおすすめ!
  • バンドルカードは、電話番号さえあればアプリで年齢制限なしで作れるVisaプリペイドカード!
  • バンドルカードのチャージの方法にはコンビニ、ネット銀行、ポチっとチャージ(後払い)など複数あり!

vandle2

1分で発行完了!

そもそもカードとは?種類や特徴を解説

冒頭でも解説した通り、カードと言っても主に以下の3つのことを指します。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

それぞれの特徴を解説します。

クレジットカード

多くの方は、カードと言うと「クレジットカード」が思いつくでしょう。

クレジットカードは、後払い式のカードです。手元にお金を準備できなくても、カードを出すだけでコンビニやスーパーなどのお店や、Amazonや楽天などのオンラインショッピング、水道や光熱費等の公共料金、税金など幅広いシーンで支払い支払いができます。

ただ後払いができるだけではなく、支払いによってクレジットカード会社からポイントがもらえたり、旅行保険が付帯したりと利用者特典がつく便利なカードです。

クレジットカードで決済した分の支払いは、翌月か翌々月、指定の口座からまとめて引落とされます。クレジットカード会社によって引き落とし日は異なります。

デビットカード

デビットカードは、支払いと同時に登録している銀行口座から引き落とされるカードです。クレジットカードは指定された日に前の月の分をまとめて支払う後払い式ですが、デビットカードは使った瞬間に銀行口座から支払う即時払い式です。

デビットカードは支払いのタイミングが即時ですが、使い方や使えるお店等はクレジットカードと大きな違いはありません。VisaやMastercardの国際ブランドがついているデビットカードも多いです。

デビットカードのデメリットとしては、銀行口座に預金がなければ、支払うことができないことや、支払いは基本的に一括のみです。

プリペイドカード

プリペイドカードは、事前入金が必要な前払い式のカードです。

事前にチャージする必要があるのでクレジットカードよりも不便と思われますが、チャージした額以上は使えないので、「クレジットカードを使いすぎて次の請求が払えない!」というようなことはありません。

事前入金は必要ですが、デビットカードと同様に、指定の国際ブランドが付いていれば使えるお店はクレジットカードとほぼ変わりません。

初心者におすすめのカードは?

ここまで、それぞれのカードの特徴を解説しましたが、初心者の方はどのカードがいいのか悩んでしましますよね。

結論、初めてのカードなら『プリペイドカード』がおすすめです。

なぜ、プリペイドカードがおすすめなのか、理由をいくつか解説します。

  • プリペイドカードは管理が楽
  • 信用情報が不要
  • 万が一のリスクが最小限

プリペイドカードは管理が楽

プリペイドカードは、あらかじめチャージした金額分しか使えないため、使い過ぎる心配がありません。

つまり、予算管理や支出の把握がしやすくなります。

クレジットカードは後払い式のため、お金を使っている感覚がなくなるため、ついつい使いすぎてしまう方も多いです。

デビットカードも、銀行口座に入っている金額全てが使えてしまうので、使いすぎてしまうことがあるでしょう。

しかし、プリペイドカードなら、使う分だけチャージすれば、予定よりも使いすぎる心配がなく、安心して利用できます。

信用情報が不要

クレジットカードにおいては、作る際に必ず審査が行われます。

審査において、とくに重要なのが、『クレジットカードヒストリー(信用情報)』です。

クレジットカードヒストリーは、過去のクレジットカードの返済履歴のことです。カード初心者の方は、クレジットカードヒストリーがないので、信用できるかどうかわからないため、審査に通りづらいとも言えます。

しかし、プリペイドカードやデビットカードは審査不要で、基本的には誰でも作れるカードです。なので、作りやすさからの面でも、クレジットカードよりもプリペイドカードの方がおすすめです。

万が一の際のリスクが最小限

万が一、カードを持っていて、盗難・紛失の被害にあった際のリスクもプリペイドカードなら最小限に抑えられます。

もしも、プリペイドカードに1円もお金を入金していなければ、カードが盗難にあっても被害は0円です。

しかし、クレジットカードやデビットカードだと、上限まで、あるいは口座のお金全てを利用されるリスクがあります。

万が一のリスクを踏まえると、初心者にはプリペイドカードがおすすめです。

こちら、プリペイドカードとデビットカード・クレジットカードを比較した表になります。

compare

まずは、プリペイドカードを使って、ある程度カードを使う感覚が養われたら、他のカードを使ってみるのが良いでしょう。

初心者におすすめのプリペイドカードは『バンドルカード』

プリペイドカードの中でも、初心者におすすめなのが、Visaの『バンドルカード』です。

ogp

バンドルカードは、アプリから1分で作れるVisaプリペイドカードで、クレジットカードと異なり年齢制限なし・審査不要で利用できます。

バンドルカードはその上、クレジットカードと同様に、Visa加盟店での支払いに使うことが可能です。

バンドルカードの始め方

バンドルカードの始め方はとても簡単!

アプリをインストールして

  • ユーザーID
  • パスワード
  • 電話番号
  • 性別
  • 生年月日

を登録すれば、Amazonや楽天などのネットショッピングの決済で利用できるバーチャルカードが即時無料で発行されます。

issuedcard

あとは、豊富な選択肢の中からお好きな方法でバンドルカードにお金をチャージすればお支払前の準備完了です。 

コンビニやネット銀行からのチャージの場合、手数料かからず使えます!

バンドルカードのチャージ方法の紹介はこちら

バンドルカードの機能「ポチっとチャージ」を使えば後払いが可能!

バンドルカードはプリペイドカードなので原則として、前払い式です。クレジットカードのように後払いで使うことはできません。

しかし、バンドルカードはプリペイドカードでありながら後払いも可能です!

後払い機能であるポチっとチャージを使えば、今手元にお金がなくてもお金をチャージすることができます。

ポチっとチャージを簡単に解説すると、バンドルカードのチャージ方法の一つで、チャージした金額は翌月末までにコンビニ、ネット銀行、銀行ATM(ペイジー)のいずれかで支払うことになります。

ポチっとチャージには審査と手数料が発生します。

ポチっとチャージについて詳しくはこちら

バンドルカードのダウンロードはこちらからどうぞ。

1分で発行完了!

初めてカードを利用する上での注意点

クレジットカードやプリペイドカード・デビットカード、どれでも初めて使う際の注意点をいくつか解説します。

初めてカードを使う際には、これらのポイントに注意しながら利用すると、安全かつ効果的にカードを管理できます。

  • 使う目的をハッキリさせる
  • 管理は徹底する
  • 学生でもカードを持てば自己責任
  • 定期的に明細は確認する

使う目的をハッキリさせる

なぜカードを使うのか、目的をハッキリさせましょう。

ネットショッピングで買いたいものがあるのか、毎月のサブスクの支払いのために必要なのかなど、目的を明確化させることで、カード選びもしやすくなります。

ただ、欲しいからと言ってクレジットカードを、何枚も申し込みすると信用情報に響く可能性もあります。

管理は徹底する

カード情報は個人情報を含んでいるので、安全に保管しましょう。

不正利用を防ぐために、他人に見られないような安全な場所に保管することが大切です。

信用できる人でも、カードを見せたり渡したりするのは、避けましょう。

学生でもカードを持てば自己責任

学生は経験が浅く、収入が限られていることが多いため、カードを使う際にはとくに慎重になることが重要です。

仮に、クレジットカードを使ったとして、支払日に延滞しても、学生だから許容されることも特例措置が施されることはありません。

学生でも、支払いを延滞すると、今後の人生に影響します。

学生でも社会的信用度を失うリスクはあることは忘れずにカードを利用しましょう。

定期的に明細は確認する

カードを利用したら、定期的にカードの明細は確認するようにしましょう。

不正利用はされていないか、誤った請求がないかをチェックすることが重要です。

最近はわざわざWebからログインしなくても、アプリから簡単に利用明細を確認できるカードもあります。

全くカードを使わなくても1週間に1度は確認するのがおすすめです。バンドルカードもアプリから利用明細を確認できます。

1分で発行完了!

関連記事
» クレジットカードのデメリットは?メリットや他の決済方法も紹介
» クレジットカードの明細は届かないようにできる?バンドルカードなら大丈夫!
» クレジットカードは誰にもバレずに作れる?おすすめのカードを紹介
» 【2023年】おすすめのバーチャルカード5選!迷ったらコレ!
» プリペイドカードの使い方とは?クレジットカードとの違いも解説!
» クレジットカードには在籍確認は必要?審査自体不要のおすすめカードも紹介!

まとめ

本記事では、初心者におすすめのカードを紹介しました。

カードを初めて持つなら、おすすめはプリペイドカードです。

管理が楽で、もしもの時のリスクも最小限と安心して利用できるからです。とくにプリペイドカードの中では、今回紹介したバンドルカードがおすすめです。

バンドルカードはクレジットカード同様に使えるので、さまざまな場面で利用できます。ぜひこの機会にバンドルカードを使ってみてください。

Hikaru Watabe

作成:2023年12月14日

人気記事

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

営業時間:平日9:30 〜 17:00

電話窓口受付終了のお知らせ

バンドルカードサポートデスクは電話でのお問い合わせ受付を終了させていただきます。
受付を終了する電話番号:050-5578-8117
詳しくはこちら