Apple Musicの支払い方法まとめ!クレカなしでもOK!

出典: Apple Music

Apple Musicは、Appleの音楽ストリーミングサービスです。
月額料金を支払うだけで、5,000万曲が聞き放題になります。
この記事では、Apple Musicの支払い方法について解説します。
また、クレジットカードがなくても支払える、バンドルカードについても紹介します。

目次

  • Apple Musicの料金プランは?
  • Apple Musicの支払い方法
  • Apple Musicの支払い方法確認・変更方法
  • まとめ

Apple Musicの料金プランは?

Apple Musicには3つの料金プランがあります。
3つのうちどの料金プランでも、Apple Musicの全ての機能を利用することができます。

  • 個人メンバーシップ 月額980円
  • ファミリーメンバーシップ 月額1,480円
  • 学生メンバーシップ 月額480円

LINE MUSICやSpotifyなどにある無料プランはありません。
新規登録から3ヶ月は無料で使うことができます。

個人メンバーシップ

個人メンバーシップはApple Musicの標準的なプランです。
月額980円で利用できます。

ファミリーメンバーシップ

ファミリーメンバーシップは、月額1,480円で 最大6人 までApple Musicを使うことができるプランです。
6人まで追加できるので、追加する人が多いほどお得です。
以下は、複数人で利用した際の一人当たりの料金です。

  • 2人で利用:740円
  • 3人で利用:約493円
  • 4人で利用:約370円
  • 5人で利用:296円
  • 6人で利用:約247円

ファミリーメンバーシップは、家族だけでなく、友だちと使うことができるのでしょうか?
結論から言うと、システム上は家族以外の人を追加することができます。
しかし、ファミリーメンバーシップの利用には、利用する人とファミリー共有の設定をしなければなりません。
ファミリー共有を設定すると、管理者がファミリーとして招待した人のコンテンツ代金を支払うことに同意したとみなされます。
ファミリー共有に追加された他のメンバーは、管理者のクレジットカードやiTunesの残高でアプリの購入などができてしまいます。
トラブルの原因となるので、友だちなど、家族以外の人とファミリーメンバーシップを利用することはおすすめできません。

学生メンバーシップ

学生の方は学生メンバーシップがおすすめです。
通常のApple Musicを月額480円で利用できます。

学生メンバーシップは大学・専門学校に通う学生が対象です。
学校のメールアドレスを利用して認証します。
学校のメールアドレスを持っていない方は、学生証で認証することも可能です。

注意点としては、中学生・高校生が対象外 という点です。
中学生・高校生の方は、ファミリーメンバーシップで家族とシェアした方が安く済むかもしれません。

Apple Musicの支払い方法

クレジットカード

Apple Musicはクレジットカードで支払うことができます。
対応ブランドは以下の通りです。

  • Visa
  • Mastercard®
  • JCB
  • Diners Club
  • American Express

カードを使ったApple Musicの支払い方法についてはこちらを参考にしてください。

» App StoreやiTunes Storeでアプリや音楽をどうやって買うの?

バンドルカード

 

「クレジットカードを持っていないからApple Musicに登録できない・・・」
と悩んでいませんか?
そんな方でも、バンドルカードなら大丈夫です!
バンドルカードは、1分で誰でも作れてすぐにお買い物できるVisaプリペイドカードです。
バンドルカードは、

  • コンビニ
  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • ネット銀行
  • キャリア決済(ドコモ払い)
  • 後払いのポチっとチャージ

など、多彩な手段でチャージできます。
バンドルカードならクレジットカードを持っていなくてもVisaカードで支払うことができます!

バンドルカードでお支払いの際は、支払い方法にクレジットカードを選択し、カード情報を入力してください。

バンドルカードを使ったApple Musicの支払い方法については、こちらも参考にしてください。

» App StoreやiTunes Storeでアプリや音楽をどうやって買うの?

キャリア決済

Apple Musicの支払いは、携帯電話会社のキャリア決済でも可能です。
以下のキャリア決済が利用可能です。

  • ドコモの「ドコモ払い」
  • auの「auかんたん決済」
  • ソフトバンクの「ソフトバンクまとめて支払い」
  • ワイモバイルの「ワイモバイルまとめて支払い」

キャリア決済で利用した分は、後日携帯電話の料金と一緒に請求されます。
格安SIMなどを利用している方はキャリア決済を使うことができません。

iTunesギフトカード

コンビニなどに置いてあるiTunesギフトカードもApple Musicの支払いに使うことができます。
iTunesギフトカードを購入後、カードに記載してあるシリアル番号をお支払い画面に入力してください。

なお、Apple Musicには3ヶ月の無料期間がありますが、iTunesカードで支払う際は、事前に1ヵ月分の金額を入金しなければ無料期間を利用できません。
iTunesカードの販売は1,500円からなので、残高が0円の方は1,500円を購入する必要があります。

Apple Musicの支払い方法確認・変更方法

支払い方法を確認するには?

Apple Musicの支払い方法を確認するには、以下の順にタップします(iPhone・iPadの場合)。

  1. 「設定」をタップします。
  2. 「[ユーザー名]」をタップします。
  3. 「支払いと配送先」をタップします。

1番上に表示されているカードが現在支払い方法となっているカードです。

支払い方法の変更方法は?

支払い方法を変更するには、先ほどの支払い方法確認画面を表示します。

右上の「編集」をタップし、支払い方法にしたいカードが1番上になるように並び替えます。

料金の引き落としはいつされる?

Apple Musicの料金は、締め日から数日以内に支払いがされます。
Apple Musicの締め日を確認するには、以下の順にタップします(iPhone・iPadの場合)。

  1. 「設定」をタップします。
  2. 「[ユーザー名]」をタップします。
  3. 「iTunesとApp Store」をタップします。
  4. 画面上部のApple IDをタップします。
  5. 「Apple IDを表示」をタップします。
  6. 「サブスクリプション」をタップします。

登録しているサブスクリプションごとに更新日が表示されます。
この更新日が締め日です。
下の画像の場合、締め日は毎月27日です。
料金はこの締め日から数日以内に引き落とされます。

まとめ

この記事では、Apple Musicの支払い方法について解説しました。
バンドルカードなら、クレジットカードがなくてもApple Musicを利用することができます。
この機会にApple Musicをバンドルカードで利用していただけると嬉しいです。

関連記事

» クレジットカードなしでOK③ Spotifyプレミアムを利用する方法

» LINE MUSICは無料でも使える?料金や機能を徹底解説

» 気になる音楽アプリ・AWA(アワ)って?機能、料金プラン、支払い、解約方法も!

Yuki Taguchi

作成:2019年10月29日

この記事をシェア

人気記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00