「d払い」と「ドコモ払い」の違いは?実は全く違うサービスです

ネットショップや街のお店などで「d払い」や「ドコモ払い」という言葉を見たことがありませんか?
「d払い」も「ドコモ払い」も似たような名前ですが、実は全く違うサービスです。
この記事では、「d払い」と「ドコモ払い」の違いについて詳しく解説します。
ドコモユーザーの方も、そうでない方も、是非読んでみてください。

目次

  • 「d払い」と「ドコモ払い」との違い
  • 「ドコモ払い」とは?
  • ドコモ払いでチャージできるVisaカードとは?
  • 「d払い」とは?
  • dポイントとは何が違う?
  • まとめ

「d払い」と「ドコモ払い」との違い

「d払い」も「ドコモ払い」も、ドコモが運営する決済関連のサービスですが、サービス内容や使い方は全く異なります。

d払いは、QRコード決済サービスです。
スマホ一つでコンビニやドラッグストア、飲食店など、街のお店で支払うことができます。
お支払いの前に、クレジットカードを登録するか、お金をチャージしてから使います。

ドコモ払いは、キャリア決済サービスです。
キャリア決済とは、ネットショッピングでの支払いを毎月の携帯電話の料金と一緒に支払うことができるサービスです。
クレジットカードを持っていない方や、未成年の方でもかんたんにネットショッピングでお買い物をすることができます。

以下は、d払いとドコモ払いの比較表です。

	d払い	ドコモ払い
内容	QRコード決済・iD	キャリア決済
利用できる方法	誰でも	ドコモ回線を持っている方
支払える場所	街のお店・ネット	ネット
dポイント	貯まる・使える	×
支払い方法	クレジットカードやコンビニチャージなど	携帯電話料金と一緒に

「ドコモ払い」とは?

ドコモ払いは、

  • クレジットカードを持っていない
  • 支払いを後払いにしたい
  • コンビニ支払いは面倒

という方におすすめの支払い方法です。

ドコモ払いのお支払い画面

先ほども説明した通り、ドコモ払いは、ネットショッピングなどの支払いを、毎月の携帯電話の料金と一緒に支払うことができるサービスです。
ドコモケータイ払いや、キャリア決済、携帯決済と呼ばれることもあります。

ドコモ払いは、有名なところではAmazonやiTunesで使うことができます。
ドコモ払いは、ネットショッピングのみで使うことができ、街のお店では使うことができません。
ただし、後ほど紹介するバンドルカードなら、ドコモ払いを街のお店で使うことができます。

ドコモを契約している方が対象なので、ドコモ以外の回線ではドコモ払いを使うことができません。

ドコモ払いでチャージできるVisaカードとは?

  • ドコモ払いを街のお店でも使いたい!
  • 使いたいお店がドコモ払いに対応してなかった・・・
  • クレジットカードは嫌だけどVisaカードが欲しい

という方は、バンドルカードがおすすめです。

 

バンドルカードは、アプリから誰でも1分でつくれるVisaプリペイドカードです。

バンドルカードは、コンビニや後払いのポチっとチャージのほかに、ドコモ払いからチャージすることができます。
ドコモ払いでチャージしたバンドルカードは、ネット決済でVisaカードして使うことができます。
別途、アプリからリアルカードを発行することで、街のVisa加盟店でも使えるようになります。
このように、ドコモ払いでバンドルカードにチャージすることで、ドコモ払いに対応していないネットショップや、街のお店でもお支払いが可能です。

もちろん、ドコモ払い以外にも、コンビニやクレジットカード、後払いのポチっとチャージからチャージすることができます。
特に後払いのポチっとチャージは、アプリから金額を入力するだけですぐにチャージすることができ、そのままお買い物をすることができるとっても便利なサービスです。
チャージした分のお支払いは翌月末までにコンビニなどで支払えばOKです。

関連記事
» バンドルカードのチャージ方法 ドコモ払い編
» 【公式】バンドルカードとは?使い方やメリットについて解説します
» バンドルカードのチャージ方法 ポチっとチャージ編

「d払い」とは?

d払いは、

  • QRコード決済で支払いたい
  • dポイントを貯めたい
  • 現金は使いたくない

という方におすすめの支払い方法です。

d払い公式より

d払いは、街のお店で使えるQRコード決済サービスです。

2019年11月からは、QRコード決済だけでなく、電子マネー「iD」として使える機能も追加されました(当初はAndroidスマホのみ・Apple PayによるiD支払い機能は今後追加予定)。

» ドコモのd払い、電子マネー「iD」を統合。d払いのApple Pay版も提供へ - Engadget 日本版

d払いは、街のお店以外にも、Amazonやメルカリなどのネットショッピングでも使うことができます。

ドコモ払いはドコモを契約している方のみ利用できますが、d払いはドコモを利用していない方でも使うことができます。

d払いを利用する際は、お支払い方法としてクレジットカードを登録するか、チャージする必要があります。

d払いのチャージは、

  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ

から可能です。

この他にも、d払いはdポイントをお支払い金額に当てて支払うことが可能です。

dポイントとは何が違う?

dポイント公式より

dポイントは、ドコモが提供するポイントサービスです。

dポイントは、ドコモ回線を利用中の方はもちろん、ドコモ回線を利用していない方でも利用できます。
dポイントは、街やネットのお店で支払う時や、ドコモ回線の利用などで貯めることができます。
貯まったdポイントは、街やネットのお店で使ったり、ドコモの携帯電話のお支払いにあてることができます。

関連記事
» ポイントカードをまとめて管理できるアプリで財布スッキリ!公式から非公式アプリまで

d払いで貯められる!

d払い公式より

dポイントは、d払いの利用で貯めることができます。
街のお店でd払いを利用した場合、200円のお支払いにつき1ポイントが貯まります。
ネットでd払いを利用した場合は還元率が上がり、100円につき1ポイントを貯められます。

また、貯まったdポイントは、d払いのお支払いに利用することができます。
1ポイント=1円で、1円単位から使うことができます。

ドコモ払いでは貯められない

残念ながらドコモ払いでは、dポイントを貯めることができません。
また、dポイントを使うこともできません。

まとめ

この記事では、d払いとドコモ払いの違いについて解説しました。

d払いは、QRコード決済や、電子マネー「iD」を使って、街の店で支払えるサービスです。
ドコモを利用していない方でも使うことができます。
利用の際は、クレジットカードを登録するか、銀行口座やコンビニなどでチャージします。

ドコモ払いは、ネットショッピングのお支払いを、ドコモ回線の携帯電話料金と一緒に支払えるサービスです。
ドコモ回線を利用している方のみ使うことができます。

「ドコモ払いを街のお店でも使いたい!」
「使いたいお店がドコモ払いに対応してなかった・・・」
「クレジットカードは嫌だけどVisaカードが欲しい」
という方には、アプリから誰でも1分でつくれるVisaプリペイドカードバンドルカード」がおすすめです。
この機会にバンドルカードを検討していただけると嬉しいです。

Yuki Taguchi

作成:2019年12月10日

この記事をシェア

人気記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00