未成年でもクレジットカードを作るには?

ネットショッピングなどの毎日のお買い物で、クレジットカードは便利ですよね。
しかし、未成年の方は、クレジットカードが持てない、持てても親権者の同意が必要など、簡単に作ることができません。
この記事では、未成年でもクレジットカードを作れるのかについてや、未成年でも作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」について解説します。

目次

  • クレジットカードは18歳以上から
  • 誰でも、すぐにつくれるバンドルカードもおすすめ!
  • 高校生でもつくれるかも?未成年におすすめのクレジットカード
  • まとめ

クレジットカードは18歳以上から

クレジットカードは、多くの会社で18歳以上から受け付けています。
未成年のクレジットカードの発行について、オリコカードの公式サイトではこのように書かれています。

主婦や学生もカードの申込みはできますか?
A. お申込みを承っております。
なお、学生の方は18歳以上(高校生除く)の方が対象となります。
主婦や学生もカードの申込みはできますか?

オリコーカード以外でも、多くのクレジットカード会社ではクレジットカードの作れる年齢を、18歳以上(高校生は除く)としています。

このように、高校生ではない18歳以上なら、未成年でもクレジットカードを作ることができます。
ただし、未成年の場合、クレジットカードの発行には親権者の同意が必要になります。
未成年がクレジットカードを作る場合は、親権者の方に相談してから申し込むことをおすすめします。

つまり、未成年でも

  • 高校生でない、18歳以上の未成年
    ・・・親の同意があればクレジットカードを作れる

  • 18歳未満の未成年
    ・・・クレジットカードは作れない

ということになります。

クレジットカードは、カードで利用した分をクレジットカード会社が一旦立て替え、後日利用した分を利用者に請求するという仕組みです。
そのため、クレジットカードを発行する前に、クレジットカード会社はこれから発行する人に支払い能力があるか判断する必要があります。
万が一、支払い能力がない人にクレジットカードを発行してしまうと、クレジットカード会社は利用した分を回収することができず、損害を被ってしまいます。
そのため、クレジットカード会社は、クレジットカードを発行するにあたり審査を行い、支払い能力がないと判断された人にはクレジットカードを発行しません。
高校生を含めた18歳未満は、たとえアルバイトなどで働いていても、支払い能力が無いと見なされます。
そのため、18歳未満の未成年はクレジットカードを発行できないのです。

ただし例外もあり

  • 18歳以上の高校生で、1月1日以降
  • 留学で海外に行く高校生

は、未成年でもクレジットカードを作ることができる場合があります。
このような未成年の申し込みは、イオンカード、三井住友カード、JALカードなど、一部クレジットカード会社でを受け付けています(詳細は後述します)。

後ほど紹介するバンドルカードなら、上の条件に関係なく、未成年でもVisaカードを作れるのでおすすめです。

関連記事
» 海外旅行でも!高校生が作れるクレジットカードはある?代わりになるカードも解説します

親の同意が必要

高校生を除く18歳未満の未成年はクレジットカードを作ることができます。
しかし、未成年は、法律で「制限行為能力者」と規定されており、クレジットカードの発行には親権者の同意が必要になります。
申し込みの際は、親権者の方に相談してから申し込むことのがおすすめです。

学生なら年収0でもOK

未成年の大学生の方には、アルバイトもしていなくて、年収が0円という方もいらっしゃるかもしれません。
クレジットカードを申し込む時に、年収を入力する欄があることが多いのですが、このような年収が0円の大学生でも審査は通るのでしょうか?

実は、大学生なら、年収が0円でも、ほとんどの場合でクレジットカードを発行できます。

誰でも、すぐにつくれるバンドルカードもおすすめ!

  • クレジットカードは使い過ぎが怖い
  • 審査が不安
  • 中学生や高校生だけどVisaカードが欲しい!

という方は、バンドルカードがおすすめです。

 

バンドルカードは、だれでも、すぐに作れるVisaプリペイドカードです。
プリペイドカードなので、審査や年齢制限はなく、誰でも作ることができます。

また、クレジットカードと同じように国内外のVisa加盟店で使うことができます。
アプリから登録後すぐに発行される「バーチャルカード」では、Amazonやメルカリ・モバイルSuicaなどのネット決済(海外を含む)で利用することができます。
別途「リアル+(プラス)」を発行することで、国内だけでなく、海外のVisa加盟店(ネット決済・実店舗どちらも)で利用可能です。
バンドルカードなら、海外旅行や留学でも便利に使うことができますね。

チャージは、

  • コンビニ
  • セブン銀行ATM
  • ネット銀行
  • キャリア決済(ドコモ払い)
  • 後払いのポチっとチャージ

など、多彩な方法で可能です。

関連記事
» 【公式】バンドルカードとは?使い方やメリットについて解説します

高校生でもつくれるかも?未成年におすすめのクレジットカード

未成年の高校生でも、条件によっては作れるクレジットカードを2つ紹介します。

高校生でも18歳以上・1月1日以降なら発行できるカード

原則として高校生を含む未成年はクレジットカードを作ることができません。
しかし、イオンカードでは、留学でなくても高校生がクレジットカードを作ることができます。

18歳以上で電話連絡可能な方なら、お申込みいただけます(高校生は除きますが、卒業年度の1月1日以降であればお申込みいただけます)。
イオンカードセレクト|イオンカード 暮らしのマネーサイト

つまり、

  • 18歳以上
  • 卒業年度の1月1日以降

であれば、クレジットカードを申し込むことができます。
普通の高校に通っている生徒であれば、高校3年生の1月1日以降 ということになりますね。
ただし、あくまで未成年なので、クレジットカードの発行には親権者の同意が必要です。
後日、親権者に電話で同意の確認がされます。
また、通常のクレジットカードと同じく、審査によっては発行がされない場合があります。

» クレジットカード : イオンカードのご案内 |イオンカード 暮らしのマネーサイト

留学で海外に行く高校生が作れるカード

通常、18歳未満の未成年はクレジットカードを発行することができません。
しかし、留学で海外に行く場合は、例外としてクレジットカードの発行を認めてくれるクレジットカード会社があります。

一部のクレジットカード会社では、留学やホームステイなどで海外へ行く場合、「家族カード」というクレジットカードを発行できます。
家族カードとは、既にクレジットカードを持っている人(本会員)がいる場合に、その人の支払い能力をもとに、その人の家族に対して発行されるクレジットカードのことです。
家族カードでは、使った分の請求は、家族カードを持っている人ではなく、本会員に対してされます。
利用可能額についても、本会員の支払い能力をもとに決定されます。

残念ながら、高校生に対するクレジットカードの発行は、一部のクレジットカード会社のみです。
留学などで高校生に家族カードを発行できるのは、主に以下のクレジットカードです。

まとめ

この記事では、未成年でもクレジットカードは作れるのかについてや、未成年におすすめのクレジットカードについて解説しました。
未成年でも、18歳以上(高校生を除く)はクレジットカードを申し込むことができるのに対し、18歳未満の方は原則としてクレジットカードを申し込むことができません。
未成年だけどクレジットカードが欲しい!という方には、バンドルカードも検討していただけると嬉しいです。

Yuki Taguchi

作成:2020年2月10日

この記事をシェア

人気記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00