海外旅行でも!高校生が作れるクレジットカードはある?代わりになるカードも解説します

留学や海外旅行、日常のお買い物など、クレジットカードがあると便利なシーンは多いと思います。
特に2019年10月からはクレジットカードを使えば最大5%が還元されるお店も多く、お得に使える場面はますます広がっています。
また、銀行からお金を下ろす手間が省けたり、現金を持ち歩かないので防犯対策にもなります。

しかし、高校生の場合、一部の例外を除きクレジットカードを作ることができません。
この記事では、高校生でもクレジットカードが持てる場合の条件と、クレジットカードの代わりになるカード・アプリについて解説します。
特に、 アプリから1分で誰でも(未成年でも)作れる バンドルカードは国内外のVisa加盟店で使うことができ、とても便利です。

目次

  • 基本的に高校生はクレジットカードを作れない
  • 条件を満たせば高校生でも作れる場合がある
    • 留学する場合は高校生に家族カードを発行できる
  • 高校生でも使えてクレカの代わりになるカード・アプリ3選
    • 高校生でも作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」
    • 即時引き落としのデビットカード
    • 後払いアプリ
  • まとめ

基本的に高校生はクレジットカードを作れない

高校生はクレジットカードを作ることができるのでしょうか?
高校生のクレジットカード発行について、オリコカードのよくある質問には以下のようにあります。

Q. 主婦や学生もカードの申込みはできますか?

A. お申込みを承っております。
なお、学生の方は18歳以上(高校生除く)の方が対象となります。
主婦や学生もカードの申込みはできますか? - オリコカード

このように、クレジットカードを発行する多くの会社が、クレジットカードを発行する条件を、「18歳以上(高校生を除く)であること」としています。

クレジットカードは、利用者の支払い能力を信用し、クレジットカード会社が利用代金を建て替える仕組みです。 利用者は後日、利用した金額をまとめて支払います。
もし支払い能力がないない人にクレジットカード発行してしまうと、クレジットカード会社は支払いを受け取ることができず、赤字になってしまいます。

そのため、クレジットカード会社は、支払い能力がない可能性がある人に対しては、クレジットカードを発行しません。
高校生などの18歳未満は、たとえアルバイトなどで働いていたとしても、支払い能力がないものと見なされおり、クレジットカードを発行することができないのです。

条件を満たせば高校生でも作れる場合がある

留学する場合は家族カードを発行できる

以上のように、原則として高校生を含む18歳未満はクレジットカードを発行することができません。
しかし、条件を満たせば、クレジットカードを発行することができる場合もあります。

一部のクレジットカード会社では、海外への留学やホームステイに限り、『家族カード』と呼ばれるクレジットカードを発行できます。
家族カードは、クレジットカードを持っている人がいれば、その人支払い能力に応じての家族に対してもクレジットカードを発行することができるものです。
例えば、お父さんがクレジットカードを持っており、子供用の家族カードを発行する場合、利用代金の請求はお父さんに対して行われます。

残念ながら、全てのクレジットカード会社が留学する高校生に対して家族カードを発行してくれる訳ではありません。
留学する高校生へ家族カードを発行できるのは、主に以下のクレジットカードです。

留学で高校生に家族カードを発行するには同意書や確認書類が必要です。
家族カード発行の際は、各カード会社の入会デスクに電話しましょう。

高校生でも使えてクレカの代わりになるカード・アプリ3選

クレジットカード以外にも、Visa加盟店で使えるプリペイドカードや、後払いアプリなど、クレジットカードの代用として使えるサービスがいくつかあります。
そこで、高校生でも作れて、クレジットカードの代わりになるカードやアプリについて解説します。

高校生でも作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」

 

バンドルカード は、1分で誰でもつくれる Visaプリペイドカードです。
プリペイドカードなので、審査や年齢制限はなく、誰でも作ることができます。

また、クレジットカードと同じように国内外のVisa加盟店で使うことができます。
アプリから登録後すぐに発行される「バーチャルカード」では、Amazonやメルカリ・モバイルSuicaなどのネット決済(海外を含む)で利用することができます。
別途「リアル+(プラス)」を発行することで、国内だけでなく、海外のVisa加盟店(ネット決済・実店舗どちらも)で利用可能です。
バンドルカードなら、海外旅行や留学でも使うことができますね。

チャージは、

  • コンビニ
  • セブン銀行ATM
  • ネット銀行
  • キャリア決済(ドコモ払い)
  • 後払いのポチっとチャージ

など、多彩な方法で可能です。

» Visaプリペイドカードのバンドルカードとは?

即時引き落としのデビットカード

デビットカードは、カードの支払いと同時に銀行口座から引き落とされるカードのことです。

発行は15歳以上(中学生を除く)から可能で、高校生でも作ることがきます。
VisaやJCB・MasterCardなどの国際ブランドがついているものが多く、クレジットカードと同じようにコンビニやスーパーなどでカード払いをすることができます。
デビットカードも国内だけでなく海外の加盟店で利用が可能です。

また、キャッシング機能を使うことで、ATMから海外の現地通貨を引き出すこともできます(別途手数料が必要です)。

しかし、銀行口座と連携しているという特性上、営業時間外やシステムメンテナンスなどで使えない時間帯があります。
例えば、みずほ銀行のJCBデビットが利用できる時間は以下の通りです。特に時差がある国で利用する場合など、注意が必要ですね。

月曜日〜金曜日 24時間
土曜日 0時00分~22時00分
日曜日 8時00分~24時00分
※土曜日22時00分~翌日曜日8時00分、および毎月第1、第4土曜日3時00分~5時00分はご利用いただけません。
みずほJCBデビットでの支払い | みずほ銀行

まとめ

高校生がクレジットカードを作る方法と、クレジットカードの代わりになるサービスについて解説しました。
高校生がクレジットカードを作れる条件は、基本的に留学のみです。 留学するのであれば、家族カードという形で高校生にクレジットカードを発行することができます。
しかし、カード会社によっては、留学であっても高校生にクレジットカードの発行を認めていない場合があります。

ただし、クレジットカードの代用になるサービスもあります。
バンドルカードなら、クレジットカードと同じように国内外のVisa加盟店で支払うことができます。
また、バンドルカードのポチっとチャージを使えば、チャージしたお金を後払いにすることもできます。
この機会にバンドルカードを検討していただけると幸いです。

Yuki Taguchi

作成:2019年10月10日

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00