無職でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカード5選や審査対策を解説!

バンドルカードの活用術|様々なサービスの支払い方法を紹介するメディア

無職でも作れるクレジットカードはある?おすすめのカード5選や審査対策を解説!

「無職(収入なし)だけどクレジットカードを使いたい」 「無職でもクレジットカードの審査に通る?」

このような疑問にお答えします!

結論からお伝えすると、無職でもクレジットカードの発行は可能です。

しかし、発行できると言っても、審査がなくなるわけではなく、状況次第では審査に通らない可能性もあります。

そこで本記事では、無職でも作れるクレジットカードををを紹介します。

合わせて、とくにおすすめのカード『バンドルカード』も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください!

【この記事でわかること】

  • 無職でもクレジットカードは作れる!
  • 無職の場合は、プリペイドカードなどを持つのも一つの方法
  • プリペイドカードなら、Visaプリペイドカードの『バンドルカード』がおすすめ!
  • バンドルカードは、電話番号さえあればアプリで年齢制限なしで作れるVisaプリペイドカード!
  • バンドルカードのチャージの方法にはコンビニ、ネット銀行、ポチっとチャージ(後払い)など複数あり!

vandle2

1分で発行完了!

無職でもクレジットカードは持てる

結論、無職(収入なし)でもクレジットカードは作れます。

むしろ、無職だからクレジットカードを持てないなんてことはありません。

無職といっても、

  • 学生
  • フリーター
  • 主婦・主夫
  • ニート
  • 退職した人
  • 転職活動している人

など、さまざまな理由が考えられるからです。

無職でも審査がなくなるわけでなない。

無職でもクレジットカードを発行できると解説しました。

しかし、クレジットカードの審査は無職でも避けることはできません。

また、無職だからといって審査が甘くなることはありません。

なので、審査基準が緩くなるわけではないので、無職だと審査においては不利になります。

そのため、審査落ちする可能性が大いにあることも理解しましょう。

無職にもおすすめのクレジットカード5選

無職でもクレジットカードは作れますが、審査に落ちる可能性も十分あります。

なので、無職でクレジットカードを作りたい方は、なるべく審査に通りやすいカードを申し込むのがおすすめです。

例えば、消費者金融や信販会社、流通会社が発行しているクレジットカードは比較的審査に通りやすいとされています。

逆に、ステータスカード(社会的評価に沿った格付けの高さが特徴のクレジットカード)のように、審査が厳しいカードだと、作れる可能性はかなり低いでしょう。

ここでは無職でも作りやすいクレジットカードを5つ紹介します。

エポスカード

「エポスカード」は、申し込み条件が18歳以上で(高校生除く)あれば無職でも申し込みが可能です。

年会費は永久に無料で、条件はありません!

アプリ1つで管理でき、毎日の家計簿管理もできるので、お金の利用を可視化できます。

また、お得な優待もあり、映画館や水族館など10,000店舗以上のエポス優待割引がついています。

       
年会費 永年無料
ポイント還元 200円で1ポイント(0.5%)〜
ポイント利用 1ポイント1円
ETCカード 無料
受け取り方法 自宅に配達・マルイ店舗で受け取り
国際ブランド Visa

イオンカード

「イオンカード」は、イオングループ対象店舗でおトクにお買い物できるカードです。

こちらも18歳以上であればお申込みができ、定職についているかどうかは問われません。

「イオングループの対象店舗では、ポイントが2倍」、「毎月20・30日のお客さま感謝デーは、お買い物代金が5%OFF」と、お得にポイントを貯められます。

イオングループ対象店舗でよくお買い物をする主婦(主夫)におすすめのカードです!

       
年会費 永年無料
ポイント還元 200円で1ポイント(0.5%)〜
ポイント利用 1ポイント1円
ETCカード 無料
受け取り方法 自宅に配達・イオン店舗で受け取り
国際ブランド Visa・MasterCard・JCB

楽天カード

「楽天カード」は、楽天が発行する多くの方が利用しているクレジットカードです。

申し込み条件は「18歳以上で安定した収入があること」ですが、支払い能力がある(預貯金額が多いなど)と判断されれば、無職でも審査に通るでしょう。

楽天カードは、楽天ポイントがザクザク貯まります。

楽天ポイントを貯めると、カードの支払いに利用できたり、楽天市場の買い物に使えたり、さまざまなメリットがあります。

       
年会費 永年無料
ポイント還元 100円で1ポイント(1%)〜
ポイント利用 1ポイント1円
ETCカード 年会費550円(税込み)
受け取り方法 自宅に配達
国際ブランド Visa・JCB

ライフカード

「ライフカード」は、大手消費者金融「アイフル」の子会社が発行しているクレジットカードです。

独自の審査基準を設定しているので、無職で発行できる可能性が高いです。

ポイントは入会後、1年間は1.5%、誕生日月は3%貯まります。

海外旅行向けの補償サービスも手厚く、トラブルが起きてもサポートしてくれるのが魅力です。

       
年会費 永年無料
ポイント還元 1000円で5ポイント(0.5%)〜
ポイント利用 1ポイント1円
ETCカード 無料
受け取り方法 自宅に配達
国際ブランド Visa・MasterCard・JCB

JCBカード W

最後に紹介するのは、18歳〜39歳限定の「JCBカード W」です。

JCBカード Wの提携店である、スターバックスやモスバーガー、Amazonなどの店舗では、ポイント還元率がアップし、最大21倍にまで上がります。

他にも提携店舗は多々あるので、これらの店舗をよく利用する方にとって、おすすめのクレジットカードです。

       
年会費 永年無料
ポイント還元 100円で1ポイント(1%)〜
ポイント利用 1ポイント1円
ETCカード 無料
受け取り方法 自宅に配達
国際ブランド JCB

クレジットカードを持ちたい収入のない学生の方は、ここで紹介したカードを申し込むのがおすすめです。

しかし、学生でも審査は必要なので、ここで紹介したクレジットカードに申し込んでも審査は必ず行われます。

また、状況次第では審査に通らない可能性もあります。

「審査に不安がある」 「クレジットカードを持つと使いすぎてしまう」

そんな心配のある方は、これから紹介するクレジットカードの代わりとなるものがおすすめです。

無職でも審査に通るためのポイント

ここでは、無職でも審査に通るためのポイントを解説します。

キャッシング枠は0で申し込む

クレジットカードの申し込みの際に、キャッシング枠の設定もしますが、0円で申し込みましょう。

キャッシング枠を同時に申し込むと、また別で審査が必要になるからです。

より審査が厳しくなる可能性があります。

無職の場合は、すでに審査において不利な状況にあるので、キャッシング枠は申し込まないようにしましょう。

複数のクレジットカードを同時に申し込まない

複数のカードを同時に申し込むのも、審査においては注意しましょう。

同時に何枚ものクレジットカードを申し込むと

「そんなにクレジットカードが必要なのか」 「何かの支払いに追われている?」

上記のように、ネガティブな疑問を持たれる可能性があるからです。

無職であってもクレジットカードの審査に通るためには、一度に1枚のカードを申し込むのが重要です。

また、審査を受けてから、すぐに別のカードを申し込むのも避けましょう。

正確な情報を記載する

クレジットカードの申し込みでは、正確な情報を提供することが非常に重要です。

正確な情報を提供すると、クレジットカード会社は申込者の信用性を正確に評価できるからです。

信用性が高いと判断されれば、審査通過の可能性が高まります。

逆に、情報に不正確な点があると、信用性が疑われ、審査に通りにくくなるでしょう。

無職であっても正確な情報を提供し、誠実に申し込み手続きを行うのが、クレジットカードの審査に通るための重要なポイントです。

無職の場合、クレジットカード以外のカードを申し込むのもおすすめ

無職で、どうしてもカードを使いたいなら、クレジットカード以外のものを持つのも一つの方法です。

そもそもクレジットカードの審査において、収入がかなり重要な要因です。

収入なしでも作れるカードでも結局、使ったら返済するためにはお金が必要だからです。

使いすぎてしまえば返済ができなくなる可能性もありますし、返済できなけれな、社会的なリスクも生じます。

なので、無職の場合はクレジットカードではなくて、別のカードで代用するのがおすすめです。

一概にカードと言っても、クレジットカードやプリペイドカード・デビットカードと種類があります。

しかし、大体の人はカードと言うと、クレジットカードをイメージする人が多いでしょう。

プリペイドカード・デビットカードは、支払い方法など特徴はクレジットカードと異なりますが、基本的な機能は同じです。

違いは以下を参考にしてください。

compare

プリペイドカードやデビットカードなら審査が不要なので、すぐにカードを発行できるのが特長です。

では、ここからは無職でもおすすめのカード『バンドルカード』について紹介します。

【クレジットカードの代わりになる!無職にもおすすめの『バンドルカード』とは!

vandle lp firstview

バンドルカードは、アプリから1分で作れるVisaプリペイドカードで、クレジットカードと異なり年齢制限なし・審査不要で利用できます。

しかし、バンドルカードはクレジットカードと同様に、Visa加盟店での支払いが可能です。

つまり、事前にチャージさえしておけば、クレジットカードと同等の使い方ができます!

バンドルカードの始め方

バンドルカードの始め方はとても簡単!

アプリをインストールして

  • ユーザーID
  • パスワード
  • 電話番号
  • 性別
  • 生年月日

を登録すれば、インターネット決済で利用できるバーチャルカードが即時無料で発行されます。

issuedcard

あとは、豊富な選択肢の中からお好きな方法でバンドルカードにお金をチャージすれば、お支払前の準備完了です。

バンドルカードのチャージ方法

バンドルカードのチャージ方法としては以下の通りです。

  • ポチっとチャージ
  • d払い(旧ドコモ払い)
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ(ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・セイコーマート)
  • クレジットカード(Visa・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)
  • ビットコイン(bitFlyer)
  • ネット銀行
  • 銀行ATM
  • ギフトコード

コンビニやネット銀行からのチャージの場合、手数料かからず使えます!

また、ポチっとチャージを使えば、後払いも可能です。

「手元にお金がないけど欲しいものがある・・・でも給料日は先・・・」こんな時でも、ポチっとチャージなら大丈夫です。

もし、給料日前などでお金に余裕がなくても、ポチっとチャージなら翌月の給料日にお支払いということも可能なので、余裕を持ってお買い物できます。

バンドルカードのチャージ方法の紹介はこちら
ポチっとチャージについて詳しくはこちら

バンドルカードのダウンロードはこちらからどうぞ。

1分で発行完了!

バンドルカードのメリット

バンドルカードには、無職でも作れるだけではなく、他にもいくつかのメリットがあるので紹介します。

すぐ履歴が確認できる

バンドルカードは、専用アプリがあるので、チャージや支払いをするとスマートフォンにすぐに通知が届きます。

また、チャージや支払いの履歴はアプリ内の明細からいつでも確認することができます。

支払い履歴などをアプリから一目で見ることができ、いくら使ったのかがわかりやすいので、使いすぎの心配もありません。

決まった金額をチャージして使えば、毎月の予算を決めてその予算内でやりくりする「袋分け家計簿」のような使い方もできます。

使いすぎを防げる

クレジットカードとは異なり、事前にチャージした分のみが利用可能範囲なので、自分の思った以上の使用を避けることができます。

クレジットカードだと、「使いすぎて支払額がとんでも無いことに」という可能性がりますが、バンドルカードであればそのような心配は不要です!

落としてもすぐ止められる

バンドルカードは、アプリから「一時停止」ボタンを押すだけで、カードを即座に一時停止することができます。

バンドルカードを一時停止している間は、チャージや支払いができなくなります。 万が一、バンドルカードを紛失してしまった場合も、アプリから一時停止することで、不正利用を防ぐことができます。

一時停止の解除も、アプリからいつでも可能です。

クレジットカードの中には、カスタマーセンターに連絡をする必要があることも。それに比べると手間が全然掛からなくて便利です!

日本初!表面に番号がないカード

バンドルカードは、アプリから申し込むことで、街のお店でも使えるリアルカードを発行することができます。

リアルカードには、これまで表側に印刷していたカード番号や有効期限を裏側にまとめ、シンプルになったデザインのカードを選ぶことができます。

表側にカード番号を印字しないデザインは、Visaブランドとしては日本初です。色は合計5色から選ぶことができます。

後払いのポチっとチャージが使える

バンドルカードは、プリペイドカードなので、基本的にはあらかじめ使いたいお金をチャージしておく必要があります。

しかし、ポチっとチャージを使えば、チャージしたお金を後払いにすることができます。

ポチっとチャージでチャージしたお金は、手数料と一緒に翌月末までにコンビニなどで支払えばOKです。

「いまお金はないけど欲しいものがある・・・」
「バイトの給料日に合わせて支払いたい」

という方にはとっても便利ですね。

1分で発行完了!

無職がクレジットカードを持つ際の注意点

最後に、無職がクレジットカードを利用する際の注意点について解説します。

計画的な利用を心がける

クレジットカードを無計画に使ってしまうと、支払いができなくなります。

使い過ぎを防ぐためにも計画的な利用が大切です。

クレジットカードのなかには、利用したらアプリですぐに明細を確認できるものもあります。

カード会社が発行しているサービスを活用して上手にカードを使いましょう。

安易にリボ払いや分割払いにしない

支払いができないため、安易にリボ払いや分割払いにするのは避けたほうが良いです。

一時的な支払いを楽にしてくれますが、長期的に見ると手数料で元金よりも多くの支払いが必要になります。

リボ払いをして、手数料によって元金が減らず、自転車操業に陥ってしまう方は多いので、安易にリボ払いや分割払いにするのは避けましょう。

※自転車操業とは借金を返済するために借金を重ねることです。元々の借金の返済に困って新たな借金をして、それを元本返済や利息の支払いに充てるというサイクルを指します。

支払いが延滞すれば利用停止

クレジットカードの支払いが延滞すれば、クレジットカードの利用はできなくなります。

無職だからといって、支払い期限を伸ばすことはありません。

クレジットカードの支払いを滞納し続ければ、該当のクレジットカードは強制解約となります。

期間はそれぞれの会社にもよりますが、一般的に2〜3カ月支払いを滞納すると、強制解約となるカードが多いです。

どうしてもクレジットカードの引き落とし日にお金の準備ができなければ、まずはカード会社に連絡をしましょう。

その際に、いつまでなら支払いができるのかを伝えます。

何も連絡をせずに、支払いを放置するのは絶対に避けましょう。

支払いの延滞はクレヒスに傷がつく

クレジットカードの支払いを延滞すると、該当のカードが利用できなくなるだけではなく、社会的信用度も下げてしまいます。

社会的信用度を簡単に説明すると、お金の取引におけるスコアです。

クレジットカードやローンなど、金融取引における過去のやり取りは全て記録されています。

つまり、支払いに延滞した記録も全部記録されてしまうのです。

その記録を元に、今後ローンやカードを発行する際に、他の会社があなたの過去の取引を見て、ローンの貸付やカードの発行をするか判断します。

将来的に住宅ローンや自動車ローンを組めなくなる可能性もあるので、支払いの延滞はリスクでしかありません。

ここで解説したことを踏まえて、クレジットカードを利用しましょう。

「クレジットカードを使いすぎてしまうのが怖いけどカードは欲しい」 「クレジットカードではなくてもいいから、カードでの支払いがしたい」

上記のような方は、本記事で紹介したVisaプリペイドカードの『バンドルカード』がおすすめです。

1分で発行完了!

関連記事
» クレジットカードの明細は届かないようにできる?バンドルカードなら大丈夫!
» クレジットカードは誰にもバレずに作れる?おすすめのカードを紹介
» 【2023年】おすすめのバーチャルカード5選!迷ったらコレ!
» プリペイドカードの使い方とは?クレジットカードとの違いも解説!
» 海外でも使えるプリペイドカードは?おすすめのカードを紹介!

まとめ

本記事では無職がクレジットカードを持てるのかどうか、そしておすすめのカードを解説しました。

結論、無職でもクレジットカードを作れます。

しかし、無職の場合、クレジットカードを使った後の返済をどうするのか、しっかり考える必要があります。

審査をどうしても受けたくない方や、クレジットカードは使いすぎてしまうという方には、クレジットカードの利用はおすすめできません。

そのような方は、本記事で紹介したVisaプリペイドカードの『バンドルカード』がおすすめです。

バンドルカードは1分で発行でき、さまざまな場面での利用が可能です。

ぜひこの機会にバンドルカードを使ってみてください。

Hikaru Watabe

作成:2024年4月19日

更新:2024年5月14日

人気記事

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

営業時間:平日9:30 〜 17:00

電話窓口受付終了のお知らせ

バンドルカードサポートデスクは電話でのお問い合わせ受付を終了させていただきます。
受付を終了する電話番号:050-5578-8117
詳しくはこちら