【2024年最新】X Premium(Twitter Blue)が日本でも開始!気になる料金は?支払いはクレカがなくても大丈夫!

サブスクにも使えて便利なVisaプリペイド【バンドルカード】

【2024年最新】X Premium(Twitter Blue)が日本でも開始!気になる料金は?支払いはクレカがなくても大丈夫!

X(旧Twitter)のサブスク機能である、X Premium(Twitter Blue)をご存知ですか?

X Premium(Twitter Blue)に登録すると、投稿したツイートを編集できたり、収益化ができたりするなど、さまざまなメリットがあります。

そんなX Premium(Twitter Blue)は有料サブスクなので、月額料金や支払い方法が気になる方も多いはずです。

そこで本記事では、2024年最新版のX Premium(Twitter Blue)の料金や、支払い方法を徹底解説します!

合わせて、クレジットカードを持っていなくてもX Premium(Twitter Blue)の支払いに使える、おすすめのカードも紹介するのでぜひ、最後までご覧くさい。

【この記事でわかること】

  • X Premium(Twitter Blue)の料金は月額368円〜(プランや申し込み方法によって異なる)
  • X Premium(Twitter Blue)の支払い方法は、クレジットカードかアプリ決済(ブラウザからはクレジットカードのみ)
  • クレジットカードを持っていない、使いたくない方は「バンドルカード」がおすすめ!
  • バンドルカードは、電話番号さえあればアプリで年齢制限なしで作れるVisaプリペイドカード!
  • バンドルカードのチャージの方法にはコンビニ、ネット銀行、ポチっとチャージ(後払い)など複数あり!

vandle2

1分で発行完了!

【お知らせ】 2023年9月9日以降、バンドルカードでXプレミアム(Twitter blue)の決済ができない場合があります。 原因は詳細確認中です。

X Premium(Twitter Blue)が日本でも開始!料金は?

X(旧Twitter)のサブスクリプションサービスのX Premium(Twitter Blue)の利用が日本でも開始されました。

XがTwitterだった頃は、名称がTwitter Blueでしたが、Xへの変更に伴い、X Premiumとなりました。

X Premium(Twitter Blue)には3種類のプランがあります。

  • ベーシック
  • プレミアム
  • Xプレミアムクラス

気になる料金や支払い方法について解説します。

機能については後の章で解説します。

X Premium(Twitter Blue)の料金|ブラウザからの登録がおすすめ!

X Premium(Twitter Blue)の料金は、プラン、そしてブラウザ(Webサイト)で購入するか、アプリで購入するかによって異なります。

以下の比較表で確認しましょう。

compare

表からもわかるように、X Premium(Twitter Blue)はブラウザからサブスク登録するのが一番お得です。

iOSやAndroidだと、Apple・Googleそれぞれに支払う手数料が上乗せされるので、高くなります。

プランによっては1万円以上の差が出てくるので、ブラウザからのサブスク登録がおすすめです。

「Twitter Blue」のサブスク料金の支払い方法

X Premium(Twitter Blue)のサブスク料金の支払いは、ブラウザ(Webサイト)かアプリによって異なります。

ブラウザからだと、使える支払い方法は、クレジットカードのみです。

アプリからの場合は、Apple ID・Google Playアカウントに登録されている支払い方法になります。

関連記事

Apple IDの支払い方法は4つ!支払いに使えるおすすめカードも紹介!

Google Playの支払い方法は?クレジットカードなしでの課金方法も解説

料金はブラウザの方が安いですが、支払い方法が少なく、クレジットカードを持っていないと登録できません。

しかし、クレジットカードを持っていない方でも、アプリで発行できる『バンドルカード』の利用で、X Premium(Twitter Blue)の支払いが可能です。

ここからは『バンドルカード』について解説します。

X Premium(Twitter Blue)の料金を支払える『バンドルカード』とは?

X Premium(Twitter Blue)はブラウザ(Webサイト)からのサブスク登録がおすすめですが、支払い方法がクレジットカードしかありません。

クレジットカードを持っていない方や、クレジットカードを使いたくない方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、Visaプリペイドカード『バンドルカード』です。

ogp

バンドルカードは、アプリから1分で作れるVisaプリペイドカードです。

審査不要で年齢制限なし発行手数料及び年会費なし なので誰でも簡単に始める事ができます。

Visaプリペイドカードのバンドルカードとは?

バンドルカードの始め方

バンドルカードの始め方はとても簡単!

アプリをインストールして

  • ユーザーID
  • パスワード
  • 電話番号
  • 性別
  • 生年月日

を登録すれば、X Premium(Twitter Blue)の支払いに利用できるバーチャルカードが即時無料で発行されます。

issuedcard

あとは、 豊富な選択肢の中からお好きな方法でバンドルカードにお金をチャージすれば支払いの準備完了です。 

バンドルカードのチャージ方法

バンドルカードのチャージ方法としては以下の通りです。

  • ポチっとチャージ
  • ドコモ払い
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ(ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・セイコーマート)
  • クレジットカード(Visa・MasterCard)
  • ビットコイン(bitFlyer)
  • ネット銀行
  • 銀行ATM
  • ギフトカード

ポチっとチャージを使えば、後払いも可能です。

「手元にお金がないけど欲しいものがある・・・でも給料日は先・・・」という時でも、ポチっとチャージなら大丈夫です。

もし、給料日前などでお金に余裕がなくても、ポチっとチャージなら翌月の給料日にお支払いということも可能なので、余裕を持ってお買い物することができます。

ポチっとチャージについて詳しくはこちら

1分で発行完了!

バンドルカードでX Premium(Twitter Blue)の料金の支払い設定する方法

実際に、バンドルカードを使った、X Premium(Twitter Blue)の支払い方法を解説します。

ブラウザ(Webサイト)でもアプリでも、決済までの手順は同じです。

① 「Twitter」を開き、ログインをする

② 左上にある自分のアイコンをタップし、「プレミアム」を選択

③ 「個人利用」か「組織(会社)利用」か選択

④ プランを選択し、下の料金が書いてあるボタンをタップ

⑤ 「サブスクライブして支払う」をタップ

⑥ 支払いの画面になるので、クレジットカードの情報欄にバンドルカードの情報を入力する

カード名義には、『VANDLE USER』と入力して下さい。

購入が完了しましたら、通知が来てバンドルカードの明細画面に購入金額が表示されます。

バンドルカードの発行から、Twitter Blueの料金の支払いまでカンタンにできるので、せひこの機会にバンドルカードを使ってみてください!

1分で発行完了!

アプリからバンドルカードで支払う場合は事前に登録する

iOS版・Android版のアプリから、サブスク登録をしてバンドルカードを使う場合は、事前にバンドルカードをApple ID・Google Playアカウントに登録する必要があります。

iPhoneをお使いの場合は、「設定」のアプリからクレジットカードの追加を行いましょう。

app

Androidの場合も同様にカードを追加します。

a7

こちらにバンドルカードの情報を入力します。

カード名義には、こちらも同様に『VANDLE USER』と入力して下さい。

これで携帯端末にバンドルカードの情報が登録されたので、X Premium(Twitter Blue)の決済のときにバンドルカードを選択します。

支払い方法を変更するには

X Premium(Twitter Blue)の支払い方法を変更するには、以下の手順で行います。

① 左上にある自分のアイコンをタップし、「プレミアム」を選択

② 「設定」を選択

③ 「プレミアム管理」を選択

④ 「現在のサブスクリプションを管理する」を選択

⑤ 「支払い方法を更新する(追加する)」を選択

あとは、画面の指示に従って、カードを登録します。アプリの場合は別の支払い方法に選択できます。

X Premium(Twitter Blue)の登録ができない場合の原因

X Premium(Twitter Blue)の購入ができない場合があります。

「Twitter Blue」の購入ができないのは以下の原因が考えられます。

  • アカウントを作成して90日以上経過していない
  • 過去30日間アカウントがアクティブになっていない
  • 過去3日以内にプロフィール画像、表示名、ユーザー名を変更した

上記のどれかに該当する場合は購入ができないので注意が必要です。

どれかに該当する場合は、サブスク登録ができないので注意してください。

X Premium(Twitter Blue)のサブスクの機能とは

X Premium(Twitter Blue)の機能は、プランによって異なります。

プランごとの機能をそれぞれ解説します。

X Premium(Twitter Blue)のベーシックプランの機能

ベーシックは、X Premium(Twitter Blue)で最も安いプランです。

  • 投稿の編集ができる
  • 長文投稿
  • バックグラウンド動画再生
  • 長い動画の投稿
  • 動画のダウンロード

これらの他にも、通常ではできない機能がいくつかついています。

一番の特長はツイートが編集できる点です。今までは一度投稿したツイートを編集するには、削除して投稿し直す必要がありましたが、編集機能を使えば、書き直しが可能です。

X Premium(Twitter Blue)のプレミアムプランの機能

真ん中の料金のプレミアムプランでは、ベーシックプランの機能に加えて、公式マーク(認証済みアカウントバッジ)がつきます。

バッジがつくのに加えて、

  • [おすすめ]と[フォロー]に表示される広告の数が半分
  • 投稿からの収益
  • 返信のブースト(大)
  • X Proなどのツールの利用

これらの機能がつきます。

また、プレミアムプラン以上だと収益化ができるのは大きな魅力です。

X Premium(Twitter Blue)のXプレミアムクラスプランの機能

Xのサブスクで最も料金の高い、Xプレミアムクラスは、ベーシック・プレミアムのプランに加えて、以下の機能が付きます。

  • [おすすめ]と[フォロー]に表示される広告がなくなる
  • 返信のブースト(最大)

広告が一切表示されなくなるのは嬉しいですね。

また、返信におけるブーストは、プレミアム以上の最大となります。

まとめ

本記事では、X(旧Twitter)のサブスク、X Premium(Twitter Blue)の料金や支払い方法を解説しました。

X Premium(Twitter Blue)の料金はブラウザからだと368円〜ですが、iOS版・Android版のアプリからだと料金が高くなってしまいます。

そのため、サブスクの登録をするなら、ブラウザ(Webサイト)からがおすすめです。

しかし、ブラウザからの登録だと支払い方法がクレジットカードしかありません。中には、「クレジットカードを持っていない」「クレジットカードを使いたくない」方もいるでしょう。

そんな方は、本記事で紹介した、『バンドルカード』の利用がおすすめです。年齢制限なし・審査不要でアプリからすぐに発行でき、すぐにX Premium(Twitter Blue)の支払いに使えます。

バンドルカードは、X Premium(Twitter Blue)を含めさまざまなサービスでのお支払いができるのでぜひ、この機会に使ってみてください。

Hikaru Watabe

作成:2023年1月16日

更新:2024年1月31日

人気記事

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

営業時間:平日9:30 〜 17:00

電話窓口受付終了のお知らせ

バンドルカードサポートデスクは電話でのお問い合わせ受付を終了させていただきます。
受付を終了する電話番号:050-5578-8117
詳しくはこちら