話題の「LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)」とは?使い方やメリットについて解説します

出典: LINE Score 公式ブログ

LINEアプリから手軽にお金を借りられる「LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)」をご存知ですか?
この記事では、LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)のメリットやデメリット、使い方などについて解説します。
また、LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)の代わりになるサービスについても紹介します。
LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)に興味がある方は必見です。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)とは?

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)とは、LINE Credit株式会社が提供する、個人向けの少額ローンサービスです。
LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)を使えば、LINEのアプリからお金を借りることができます。

5万円から、最大100万円まで借りることができ、貸付金利は3.0%から最大18.0%です。
返済期間は、1ヶ月から60ヶ月の間で選ぶことができます。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は、2019年の夏にサービスを開始したばかりの、まだできたてのサービスです。
運営会社のLINE Credit株式会社は、LINE Financialやみずほ銀行、オリコカードで有名なオリエントコーポレーションが共同で出資した企業です。
従来の信用情報に加え、みずほ銀行やオリコが持っている与信審査ノウハウを元に、一人一人の状況に応じて貸付金利と支払い可能額が決定されます。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)の大きな特徴は、

  • LINE Scoreの点数によって金利と限度額が決まる
  • スマホで借り入れから返済までできる

の2つです。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)のメリット

LINE Scoreの点数によって金利と限度額が決まる

出典: LINE株式会社

LINE Scoreとは、ユーザーの信用度を点数化する、LINEのスコアリングサービスです。
LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は、LINE Scoreの点数によって貸付金利、利用可能額が決まるので、基準がわかりやすいです。

LINE Scoreは、100~1000の点数で表され、点数が高いと、

  • LINE Payのポイント付与率が上がる
  • LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)が有利な条件で利用できる

などの得点を受けることができます。
ただし、LINE Scoreが何点だとどのくらいの貸付金利と利用可能額になるかは公表されていません。

LINE Scoreの点数は、

  • ライフスタイルに関する15の質問に答える
  • 本人確認を行う
  • LINE 家計簿を継続して使う

などで上げることができます。

今は使えるサービスが少ないですが、LINE Scoreはまだ始まったばかりのサービスです。
今後LINE Scoreと連携できるサービスが増えていくと思います。

スマホで全ての手続きを完結できる

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)のもう一つの特徴が、LINEのアプリで、申し込みから本人確認、審査、借り入れ、返済までの全ての手続きを完結できることです。
LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)なら、紙の申請書を書いたり、窓口で手続きをする必要はありません。

かんたんに借りられる・返せる

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は、スマホのLINEアプリ上から、かんたんにお金を借りることができます。
書類の提出や面倒な手続きは必要ありません。
借りたお金はLINE Payに入金され、そのままLINE Payのコード決済や、LINE Payカードとして支払うことができます。
もちろん、銀行口座に出金することもできます(銀行口座出金手数料がかかります)。
また、返済についても、LINE Payや銀行口座の振替から、いつでも返済することができます。

これまで借りられなかった人も借りられる

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は、従来の与信審査に加え、LINEの利用状況などから算出されるLINE Scoreをもとに、審査の可否や貸付利率、利用可能額を計算します。
LINE Scoreの活用により、従来の方法より正確に与信審査をすることができます。
そのため、LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)なら、従来の審査の方法では貸すことができなかったフリーランスや自営業の方などにもお金を貸すことができます。
ただし、LINE CreditはJICC(日本信用情報機構)に加盟しているため、審査において、従来の貸金業と同様に信用情報は照会されると考えられます(CICには加盟していません)。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)のデメリット

本人確認をする必要がある

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)でお金を借りるには、本人確認をする必要があります。
貸金業なので、本人確認は仕方ありません。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)の本人確認には、以下の2種類があります。

  • 銀行口座の登録と身分証の確認
    銀行口座をLINE Payに登録したあと、身分証(運転免許書・パスポート・マイナンバーカードなど)を撮影してアップロードします。

  • スマホでかんたん 本人確認(e-KYC)
    写真付き身分証を持ちながら、スマホのインカメラで顔認証することで本人を確認します。

下の動画はメルペイの本人確認(e-KYC)ですが、手順としてはLINEのものとほぼ同じです。
» メルペイ「アプリでかんたん本人確認」の撮影方法の紹介【メルカリ公式】 - YouTube

「本人確認がめんどくさい・・・」
という方は、後ほど紹介するバンドルカードが便利です。

未成年は使えない

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)はサービスの特性上、未成年の方は利用できません。

未成年の方は、後ほど紹介するバンドルカードもご検討ください。

銀行口座に出金すると手数料がかかる

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)で借り入れをすると、LINE Payの残高に借り入れた分がチャージされます。
ただし、LINE Payから銀行口座に出金する際には、220円の手数料が発生してしまいます。

後払いしたいならバンドルカードもおすすめ

「本人確認は不安だしめんどくさい・・・」
「未成年だけど後払いでお買い物がしたい!」
「LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は少し難しそう・・・」
という方は、バンドルカードがおすすめです。

バンドルカードは、誰でも1分で作れるVisaプリペイドカードです。
このバンドルカードに、「ポチっとチャージ」でチャージすれば、チャージしたお金を後払いにすることができます。

関連記事
» 【公式】バンドルカードとは?メリットや使い方について解説
» バンドルカードのチャージ方法 ポチっとチャージ編

バンドルカードの使い方

  1. バンドルカードをインストールします。
    アプリをインストールし、かんたんな登録をすると、すぐにVisaのネット決済で使えるバーチャルカードが発行されます。
    別途アプリからリアルカードを発行することで、街のVisa加盟店でもお支払いできるようになります。
    インストールは下のアイコンからどうぞ。

 

  1. ポチっとチャージでチャージします。
    ポチっとチャージでチャージすれば、お支払いを後払いにすることができます。
    金額を入力し、ポチっとするだけですぐにチャージすることができます。
    チャージした分は、翌月末までにコンビニなどで手数料と一緒に支払えばOKです。

» バンドルカードのチャージ方法 ポチっとチャージ編

  1. Visa加盟店でバンドルカードを使います。
    ネットショッピングでは、お支払い方法にクレジットカードを選択してください。
    アプリからリアルカードを発行することで、街のお店でも後払いが可能です。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)とバンドルカードは何が違う?

以下は、LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)・バンドルカードのポチっとチャージの比較表です。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー) バンドルカード
仕組み 貸金業 立替払い
費用 年利3.0~18.0% 300円~
金額 5~100万円 3,000~50,000円
返済 最大60ヶ月 翌月末まで
銀行口座へ出金 ×
未成年 ×
本人確認 必須 基本不要

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は借りたお金の金額と期間に応じて利息がつきます。
一方、バンドルカードは、支払い期限までならいつ支払っても手数料は一緒です。

街のお店で使える高機能版バンドルカード リアル+(プラス)カードの発行には、本人確認が必要になります。

LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)の登録方法

  1. LINEの「ウォレット」タブから、「スコア」を選択します。

  2. 「LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)」を選択し、申し込みます。

  3. 本人確認をします。
    「銀行口座の登録と身分証の確認」で本人確認をすると、身分証が確認されるまで多少時間がかかります。

  4. 審査が完了すると、専用アカウントから連絡が来るので、そこから申し込みページを開きます。
    審査が完了すると、LINEに以下のメッセージが届きます。

  5. 規約内容を確認後、金額を入力すると借りることができます。
    借り入れたお金は、LINE Pay残高にチャージされます。 LINE Payの残高は、銀行口座に出金することも可能です(手数料がかかります)。

まとめ

この記事では、LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)のメリットやデメリット、使い方について解説しました。
LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)なら、LINEのアプリから手軽にお金を借りることができます。

「本人確認は不安だしめんどくさい・・・」
「未成年だけど後払いでお買い物がしたい!」
「LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)は少し難しそう・・・」
という方には、バンドルカードがおすすめです。

バンドルカードに、ポチっとチャージでチャージすることで、欲しいものをかんたんに後払いすることができます。
この機会に、バンドルカードも検討していただけると嬉しいです。

関連記事
» 【公式】バンドルカードとは?メリットや使い方について解説
» バンドルカードのチャージ方法 ポチっとチャージ編

Yuki Taguchi

作成:2020年1月14日

更新:2020年6月30日

この記事をシェア

人気記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00