Apple PayのSuicaにチャージする方法は?クレジットカード無しでOK!

【追記】
2021/09/08現在、モバイルSuicaへのチャージ方法が3Dセキュア対応となったため、バンドルカードによるチャージができなくなっております。 お手数をおかけ致しますが、本記事に記載の異なるお支払い方法をご検討下さい。ご不便をおかけして申し訳ございません。

電車に乗るときや、ちょっとした買い物で使うSuica、とっても便利ですよね。
しかし、チャージ式なので、使っていくうちに残高がなくなってしまいます。

そこで今回は、iPhoneでApple PayのSuica(スイカ)にチャージする方法について詳しく解説します。

目次

  • クレジットカードを使わずにApple PayのSuicaにチャージする
  • クレジットカードでApple PayのSuicaにチャージする
  • まとめ

クレジットカードを使わずにApple PayのSuicaにチャージする

コンビニやスーパーからチャージする

コンビニやスーパーで、現金からモバイルSuicaにチャージすることができます。

コンビニやスーパーからのチャージは、以下のお店でできます。
チャージする場合は、店員さんに現金でチャージしたい旨を伝えてください。

  • NEWDAYS
  • サークルK・サンクス
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • イオン

なお、一部店舗ではSuicaのチャージに対応していない場合があります。

セブン銀行ATMからチャージする

セブンイレブンなどに設置してあるセブン銀行ATMから、現金でチャージすることができます。

セブン銀行でチャージする場合は、画面の「電子マネーチャージ」ボタンを押し、指示に沿って操作をすればチャージが可能です。

ただし、一点だけ注意点があります。
セブン銀行のATMの構造上、iPhoneをそのまま読み取り機に置くだけでは読み取ることができません。
これは、iPhoneのFeliCaアンテナが本体上部にあるのに対し、セブン銀行ATMのFeliCa読み取り機が下方にあるためです。
正しく読み取るためにはiPhoneを逆さまに置く必要があります。

その他の詳しい操作手順については以下を参考にしてください。

» 電子マネーの操作方法 | セブン銀行

駅のモバイルSuica対応チャージ機

最近では、モバイルSuicaが普及しているため、一部のターミナル駅ではカードを挿入しなくてもチャージできるモバイルSuica対応チャージ機が設置されています。
しかし、モバイルSuicaのチャージに対応したチャージ機を設置している駅は少ないので注意が必要です。

多くの駅で設置されている通常のSuicaチャージ機は、カードを挿入してチャージするタイプの機械が多いです。
そのため、そのような機械ではカードタイプではないApple PayのSuicaをチャージすることはできません。

モバイルSuica対応のSuicaチャージ機を設置しているJR東日本の駅は以下から確認可能です。

» Apple Pay(Wallet)のSuicaに現金で入金(チャージ)したい

クレジットカードでApple PayのSuicaにチャージする

クレジットカードからApple PayのSuicaにチャージする方法について解説します。

クレジットカードからチャージする場合は以下の2つの方法があります。

  • Walletアプリから
    Apple Payに登録されたクレジットカードからチャージ可能

  • Suicaアプリから
    ほぼ全てのクレジットカード・デビットカードからチャージ可能

Walletアプリは1円単位でSuicaにチャージすることができます。
なお、WalletアプリからのチャージはApple Payに登録しているクレジットカードしか使うことができません。使いたいクレジットカードがApple Payに対応していない場合は注意が必要です。
また、Apple Payに登録されているクレジットカードでも、一部のクレジットカードはSuicaにチャージすることができません。

一方、Suicaアプリは、Visa/Mastercard®/JCB/Diners/American Expressのブランドが付いたカードであれば、Apple PayのSuicaへチャージすることができます。

Walletアプリからチャージする

WalletアプリからSuicaにチャージする手順は以下の通りです。
あらかじめチャージ元のクレジットカードをWalletに登録しておく必要があります。
WalletアプリからSuicaにチャージする際の手順は以下の通りです。

  1. Walletアプリを開きます。
  2. チャージしたいSuicaを選択します。
  3. 「チャージ」をタップします。
  4. チャージしたい金額を入力します。
  5. Touch IDまたはFaca IDで認証します。

Suicaアプリからチャージする

まず最初に、チャージ元のクレジットカードをSuicaアプリに登録しておく必要があります。
クレジットカードをSuicaアプリに登録する際の手順は以下の通りです。

  1. Suicaアプリを開き、チャージしたいSuicaを選択します。
  2. 下のタブにある「チケット購入・Suica管理」をタップします。
  3. 「登録クレジットカード情報変更」をタップします。
  4. カード情報の入力画面が出るので、カード番号と有効期限を入力します。

登録が完了したら、以降はクレジットカード情報が保存されているので、いつでもそのクレジットカードからチャージすることができます。
Suicaアプリからクレジットカードでチャージする手順は次の通りです。

  1. Suicaアプリを開きます。
  2. チャージしたいSuicaを選びます。
  3. 「入金(チャージ)」をタップします。
  4. 金額を確認し、クレジットカードを選択します。
  5. 確認画面が表示されるので、「入金(チャージ)」をタップします。

オートチャージするにはビューカードが必要

Suicaはプリペイド式なので、使う前にチャージしておく必要があります。
オートチャージとは、Suicaの残高が設定した金額を下回った場合、自動的にチャージしてくれるサービスです。
Suicaのオートチャージは、首都圏・新潟・仙台のSuicaエリアとPASMOエリアの自動改札機で利用することができます。
オートチャージを使えば、Suicaの残高が設定した金額を下回った状態で自動改札機を通ると、自動でチャージされるのでとっても便利です。

このオートチャージはApple PayのSuicaでも使うことができます。
しかし、オートチャージに対応しているのはビューカードのみです。
オートチャージ機能を使うためにはビューカードが必須です。

また、バスの運賃精算時や、Suicaでお買い物をした時(コンビニや自販機など)は、残高が設定した金額を下回ったとしても、オートチャージが実行されないので注意が必要です。

オートチャージについて、詳しくはこちらをご覧ください。

» オートチャージが利用できる場所やエリアはどこですか? | ビューカード>FAQ

まとめ

今回は、Apple PayのSuicaにチャージする方法について解説しました。

Apple PayのSuicaにクレジットカードからチャージする場合は、Walletアプリからチャージする方法と、Suicaアプリからチャージする方法の2種類があります。
また、現金でのチャージは、コンビニやスーパー、一部の駅に設置しているモバイルSuica対応チャージ機などでチャージすることができます。

Yuki Taguchi

作成:2019年6月12日

更新:2021年9月8日

この記事をシェア

人気記事

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

営業時間:平日9:30 〜 17:00

電話窓口受付終了のお知らせ

バンドルカードサポートデスクは電話でのお問い合わせ受付を終了させていただきます。
受付を終了する電話番号:050-5578-8117
詳しくはこちら