楽天市場で後払いできる3つの決済方法と特徴について解説!クレカなしでもOK!

出典: 楽天市場 公式

「楽天市場でも後払い決済ができれば便利だなあ〜」
という時はありませんか?
最近では、キャッシュレスが急速に普及しており後払いができる決済もいくつか出てきています。
そこでこの記事では、楽天市場で商品を後払いする3つの方法について解説します。
楽天市場で後払いしたい!という方はぜひ読んでいただけると嬉しいです。

目次

  • 楽天市場で使える後払いの支払い方法は?
  • クレジットカード
  • バンドルカード
  • 楽天の後払い決済
  • まとめ

楽天市場で使える後払いの支払い方法は?

楽天市場で後払いする方法には、

  • クレジットカード
  • バンドルカード
  • 楽天の後払い決済

があります。

楽天市場のその他の支払い方法については、こちらをご覧ください。

» 【後払いもOK】クレジットカード不要!楽天市場での支払い方法を解説!

以下は、楽天市場で使える3つの後払い決済の比較表です。

クレジットカード バンドルカード 楽天の後払い決済
審査 厳しめ やさしめ やさしめ
年齢制限 あり なし なし
年会費 一部あり なし なし
手数料 なし 300円~ 250円
支払い期限 会社による 翌月末 14日以内

後払い決済のメリット

  • 今お金がなくても買うことができる

「手元にお金がないけど欲しいものがある・・・給料日が来るまで買えない・・・」という時でも、後払い決済なら大丈夫です。
お金が入る見込みがあって、どうしても買わないといけないものがある時に後払い決済は便利ですね。
ただし、支払いが後になっただけで支払わなくていいわけではありません。
後払いで購入したものに関しては期限までにしっかり支払いましょう。

  • 購入したらすぐに発送してくれる

どうしても急ぎで発送して欲しいものがあるが、今すぐコンビニ払いする時間もないし、クレジットカードも持っていない、という方でも後払いの決済なら問題ありません。
後払い決済では、商品が届いてから代金を支払う仕組みなので実際に購入代金を支払う前に商品を発送してくれます。
急ぎで欲しい商品がある方には、後払い決済がおすすめです。

後払い決済のデメリット

  • 使いすぎには注意

後払い決済はとても便利なのですが、使いすぎには注意です。
定期的に使っている額を確認し、余裕を持って支払える金額以内で後払い決済を利用するようにしましょう。

クレジットカード

クレジットカードを使えば、楽天市場で支払いを後払いにすることができます。

楽天市場で使えるクレジットカードは、

  • 楽天カード
  • Visa
  • Mastercard®
  • JCB
  • Diners
  • American Express

です。

締め日と支払い日はクレジットカード会社別に決まっていて、決められた日までに銀行口座に入金し支払います。
クレジットカードはかんたんに後払いできて便利なのですが、新しくクレジットカードを作ろうとすると時間もかかってしまいすぐに使えません。
また、年齢制限や発行の際に審査があるため、誰でも作れるわけではありません。
クレジットカードは使った感覚があまりないため、思った以上にお金を使ってしまうこともあります。

バンドルカード

「クレジットカードは持っていない・・・」
「後払いは使いすぎてしまいそうで怖い」
「楽天市場以外でも後払いしたい!」
という方には、バンドルカードがおすすめです。

バンドルカードは、誰でも、すぐに作れるVisaプリペイドカードです。

バンドルカードにポチっとチャージでチャージすることで、後払いでお買い物 することができます。

バンドルカードは、クレジットカードと同じように国内外のVisaネット決済で使うことができます。
また、アプリから別途リアルカードを発行することで街のVisa加盟店でも使えるようになります。
そのため、バンドルカードは使える店が多い のも特徴です。

また、アプリから使った金額をリアルタイムで確認するとができる ので、後払い決済は使いすぎてしまいそうで不安という方にもおすすめです。

関連記事
» 【公式】バンドルカードとは?使い方やメリットについて解説します

バンドルカードで後払いする方法

  1. バンドルカードをインストールします。

アプリをインストールしかんたんな登録をすると、すぐにVisaのネット決済で使えるバーチャルカードが発行されます。
別途アプリからリアルカードを発行することで、街のVisa加盟店でもお支払いできるようになります。
インストールは下のアイコンからどうぞ。

 

  1. ポチっとチャージでチャージします。

ポチっとチャージでチャージすれば、お支払いを後払いにすることができます。
金額を入力し、ポチっとするだけですぐにチャージすることができます。
チャージした分は、翌月末までにコンビニなどで手数料と一緒に支払えばOKです。
なお、ポチっとチャージは手数料として300円~がかかります。

» バンドルカードのチャージ方法 ポチっとチャージ編

  1. お支払い画面にカード情報を入力します。

お支払い方法は、クレジットカードを選択してください。
カード情報はバンドルカードのアプリから見ることができます。

バンドルカードは、楽天市場を含むVisaが使える国内外のネットショッピングで使うことができます。
また、アプリからリアルカードを発行することで、街のお店でも後払いが可能です。

楽天の後払い決済

楽天市場では支払い方法の一つとして後払いで支払うことができるサービスが用意されています。
楽天の後払い決済の支払い期限は請求書ハガキの発行から14日以内です。
請求書発行の手数料として250円がかかります。

楽天の後払い決済は、商品が発送された後に請求書が発行され、支払うという仕組みです。
そのため、支払ったのに商品が家に届かないということが起こりにくいです。
本当に商品が届くのか、不安を持っている方でも、安心してお買い物を楽しむことができます。
また、違う商品が届いたり、商品が粗悪品だったりした時でも返金対応をすることなく商品の返品だけで済むことがほとんどです。

楽天の後払い決済の使い方

楽天の後払い決済の手順は以下の通りです。

  1. 楽天市場の支払い方法で「後払い決済」を選択する。
  2. 商品が届く。
  3. 商品とは別に届く請求書ハガキが注文者住所に届く。
  4. 請求書ハガキからコンビニまたは銀行で支払う。

請求書は、商品が届いてから2~5日程度で届きます。
楽天でお買い物した分を、ジャックス・ペイメントソリューソンズかネットプロテクションが立て替えて請求するという仕組みなので請求書はその会社から発行・郵送されます。
税込54,000円以上のお支払いには使えないのでご注意ください。
請求書が発行された後に注文キャンセルや変更をした場合でも、通常通り手数料が請求されます。
銀行振込で支払うと、請求書発行手数料とは別に銀行振込手数料などが発生することがあります。

まとめ

この記事では、楽天市場で後払いする方法を3つ紹介しました。
3つの後払い決済の特徴は以下の通りです。

クレジットカード

  • 手数料がない
  • 年会費がかかるものがある
  • 審査が厳しめ
  • 年齢制限がある

楽天の後払い決済

  • 審査も年齢制限もない
  • 年会費がかからない
  • 支払いは請求書発行から14日以内
  • 手数料がかかる

バンドルカード

  • 支払いは翌月末まででOK
  • 審査も年齢制限もない
  • 年会費がかからない
  • 支払い履歴をアプリから確認できる
  • 手数料がかかる

バンドルカードなら、クレジットカードがなくても後払いでお買い物を楽しむことができます。
また、バンドルカードは、楽天市場だけでなく、Amazonやメルカリなどのネット決済や街のお店でも後払いができます。
この機会に、バンドルカードを使っていただけると嬉しいです。

関連記事
» 【後払いもOK】クレジットカード不要!楽天市場での支払い方法を解説!
» 後払いできる通販サイトまとめ!おすすめの後払いサービスについても解説します
» 簡単!クレジットカードなしで後払いできるおすすめアプリ3選!クレカが不安な方にも
» 楽天ペイのチャージ方法は?使い方や使える店、メリット・デメリットについて解説

Yuki Taguchi

作成:2020年1月17日

この記事をシェア

人気記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00