CMで話題のTimebank(タイムバンク)とは?お得な使い方や仕組みについて解説

この記事では、タイムバンクで購入できるお得な商品の例や、タイムバンクの仕組み、お得な商品の探し方について解説します。
また、誰でも1分でつくれて、3分でお買い物 ができるバンドルカードで支払う方法についても紹介します。

目次

  • Timebank(タイムバンク)とは?
  • バンドルカードでタイムバンクを使ってみよう
    • カードをタイムバンクに登録する方法
    • タイムバンクの購入方法
  • お得な商品を見つけるには?
  • タイムバンクの仕組み
  • まとめ

Timebank(タイムバンク)とは?

タイムバンクは、格安で商品やサービスを購入することができるサービスです。新規利用者の獲得のため、様々なセールを実施しています。

私がアプリを開いた時には、すかいらーくの優待券が実質半額で購入可能でした。

また、過去にはNintendo Switchが3,170円で買えるセールもしていました。

これ以外にも、定期的にいろいろなセールをしているので、気になる方はチェックしてみてください。

バンドルカードでタイムバンクを使ってみよう

 

バンドルカードは、1分で誰でもつくれて、3分でお買い物 ができるVisaプリペイドカードです。
コンビニ、セブン銀行ATM、キャリア決済(ドコモ払い)、クレジットカード、後払いのポチっとチャージなど、多彩な手段でチャージすることができます。

また、タイムバンクのクレジットカード決済は VisaかMastercard®のみ で、その他のカードには対応していません。
VisaもMastercardも持っていない方は、すぐに作れてすぐに使えるバンドルカードがおすすめです。

カードをタイムバンクに登録する方法

  1. マイページから「クレカ登録」をタップ
  2. バンドルカードのアプリに表示されたカード番号を入力

でOKです!

タイムバンクの購入方法

  1. 購入したいものを選択し、「注文に進む」をタップ
  2. 数量を選択
  3. 注文を確定をタップ

で購入完了です!

お得な商品を見つけるには?

アプリの通知をオンにすることでセール情報をいち早く知らせてくれます。

また、タイムバンクの公式twitterでも、セール情報を配信しています。
フォローすることで最新情報を入手することができます。

公式アカウントはこちらです。

» タイムバンク【公式】(@timebank_pr)さん | Twitter

それ以外にも、タイムバンクのアプリから直接見つけることもできます。
アプリ上部の検索タブから、キーワード検索、エリア選択、カテゴリー別で欲しいものを絞り込むことができます。

タイムバンクの仕組み

タイムバンクは、クーポンを発行する側から手数料を取ることで利益を上げています。
例えば、飲食店が定価が5,000円のコースをタイムバンクで2,000円で販売するとします。
手数料を50%とすると、この場合では、2,000円のうち、1,000円がタイムバンクに手数料として引かれます。そのため、飲食店が受け取る分は1,000円になります。
店側としては割引した分売り上げが減りますが、クーポンを購入した人の中から2回目、3回目と来てくれるリピーターができれば、店は新しい顧客を獲得することができます。

まとめ

この記事の冒頭では、タイムバンクとはどのようなサービスなのかについてと、お得なセールの例を紹介しました。

また、バンドルカードでタイムバンクを使う方法についても解説しました。
タイムバンクはクレジットカード決済の場合、VisaとMastercardにしか対応していません。
VisaとMastercardを持っていなくても、バンドルカードならすぐにVisaカードを作ることができます。

次に、タイムバンクの仕組みについて解説しました。
タイムバンクは、クーポンを発行する企業から手数料を取ることで利益を得ています。
クーポンを発行する側は、クーポンを発行することで来店やサービスの利用につなげ、新規顧客を獲得することができます。

最後に、タイムバンクのお得な商品を見つける方法について解説しました。

この機会に、バンドルカードを検討していただけると嬉しいです。

Yuki Taguchi

作成:2019年8月16日

この記事をシェア

人気記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00