メルカリやラクマなどでPay-easy(ATM払い)の手数料を無料にする方法!

目次

  • Pay-easy(ペイジー)とは?
    • Pay-easy(ペイジー)のメリット
    • Pay-easy(ペイジー)のデメリット
    • Pay-easy(ペイジー)はどこで使える?
  • 手数料が無料になる場合も!バンドルカードで支払ってみよう
    • バンドルカードの使い方
  • Pay-easy(ペイジー)の手数料は?
    • 民間企業は手数料がかかる場合が多い
    • メルカリやラクマに支払う場合
    • イープラスに支払う場合
    • ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行などの金融機関側の手数料は原則無料
  • まとめ

Pay-easy(ペイジー)とは?

Pay-easyは、税金や公共料金、ネットショッピングなどの支払いをネットバンキング、ATMから支払うことができるサービスです。

各種料金の収納において利用者の利便性向上や金融機関の業務効率化を目標に、富士銀行(現みずほ銀行)が設立した日本マルチペイメントネットワーク運営機構が運営しています。

Pay-easyマークがついている請求書や納付書の支払いや、Pay-easy支払いに対応しているネットサービスで利用可能です。

Pay-easy(ペイジー)のメリット

  • 夜中や休日でもスマホから支払える
  • 銀行の窓口やコンビニのレジに並ばなくてもいい
  • 銀行振込よりも入力する内容が少ない(番号だけで支払える)

銀行の窓口に行かなくても公共料金や税金が払えるという点がサービス開始当時は画期的だったようです。

Pay-easy(ペイジー)のデメリット

  • クレジットカードの方が楽
  • 手数料がかかる場合もある

現在はクレジットカードなどの多様な決済手段が普及しているため、Pay-easyの優位性が薄れているような気もします。

Pay-easy(ペイジー)はどこで使える?

各種税金はもちろん、Amazonやメルカリ、楽天市場、ヨドバシ・ドット・コム、ラクマ、イープラスなど、主要なサイトで使うことができます。

Amazonやメルカリなどの民間サービスではPay-easyのことを「ATM払い」と表記していることが多いです。

使えるサービスの詳細についてはこちらをご覧ください。

» 様々なお支払いに|いつでも、どこでも、ペイジー。

手数料が無料になる場合も!バンドルカードで支払ってみよう

バンドルカード誰でも作れるチャージ式のVisaプリペイドカードです。チャージ式なのはSuicaやnanacoと一緒ですね。
「バーチャルカード」なら発行に手数料や年会費はかかりません。

バンドルカードを使えば、

  • Pay-easyの手数料なしで欲しいものが買える
  • Visaカードなので使える店がたくさん
  • 支払い履歴をアプリから確認でき家計簿代わりになる

など嬉しいことがいっぱいです!

バンドルカードの使い方

 

  1. バンドルカードのアプリをダウンロード
  2. 生年月日や電話番号を登録 バーチャルカード発行
  3. お金をチャージしてお買い物

の3ステップでOKです!

Pay-easy(ATM払い)だと手数料がかかっていたサービスも、バンドルカードで支払えば手数料を無料にすることができます。

チャージはコンビニ・セブン銀行ATM・キャリア決済(ドコモ払い)・Pay-easyなどからかんたんにできます。

Pay-easyでバンドルカードにチャージする方法はこちら(もちろん無料です)。

» ペイジーでチャージすれば100円もらえる!銀行ATMのメリットまとめ | Hello Vandle[ハローバンドル]

「ポチっとチャージ」という機能を使えば、スマホ上ですぐにチャージでき、チャージした分を翌月までに後払いすることもできます。

最初に発行される「バーチャルカード」はネット決済でのみ使うことができますが、アプリから「リアルカード」を発行することで街のお店でも使うことができます。
デザインもとってもスタイリッシュなのでぜひ発行してみてくださいね!

Pay-easy(ペイジー)の手数料は?

支払い先のサービスによってPay-easyの手数料が変わってきます。
また、支払い手続きを行う金融機関によっては別途金融機関が定める手数料が発生する場合があります。

民間企業は手数料がかかる場合が多い

国や地方公共団体の各種税金や保険料の場合、基本的に手数料は無料です。

ただし、ラクマやメルカリなど、民間企業の場合は基本的に手数料がかかる場合が多いです。 手数料は支払い先のサービスによって異なります。

メルカリやラクマに支払う場合

メルカリもラクマもPay-easy(ATM払い)の場合は一律で100円の手数料がかかります。

イープラスに支払う場合

イープラスの場合、Pay-easy(ATM払い)は216円/件の手数料がかかります。

ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行などの金融機関側の手数料は原則無料

どの銀行も基本的に無料ですが、例外として手数料がかかる場合もあるようです。

まとめ

Pay-easyの使える店・手数料・手数料を無料にする方法について解説しました。
また、バンドルカードを使えば、Pay-easy(ATM払い)の手数料を無料にできる場合があります。
この機会にバンドルカードを使っていただけると嬉しいです。

Yuki Taguchi

作成:2019年7月8日

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00