サブスクにも使えて便利なVisaプリペイド【バンドルカード】

クレジットカードの解約方法とは?5つの事前確認で解約後に後悔しない!

目次

  • クレジットカードを解約する方法
  • クレジットカード解約前の5つの確認
  • バンドルカードとは?
  • まとめ

クレジットカードを解約したい場合、どのカードを解約してどのカードを残しておくかに悩む人もいるのではないでしょうか。 悩んだ後にいざクレジットカードを解約してしまってその後に、貯まっていたポイントに気づいて「しまった!」と後悔することもあるようです。

この記事ではバンドルカードを運営する株式会社カンムが、クレジットカード解約方法だけでなく、解約前に確認しておくべきことも徹底解説します。

クレジットカードを解約する方法

クレジットカードを解約する方法はカード会社によって異なり、それぞれの方法について解説していきます。

電話で解約手続きをする

クレジットカードの解約をするときは、カード会社に連絡を入れます。電話以外でもインターネット上で解約できるサービスもあります。

電話でお問い合わせをする場合は、クレジットカード裏面に記載している番号へ電話をしてください。コールセンターのオペレーターまたは自動音声の案内に従って進めることでクレジットカードの解約ができます。

よくある疑問として、クレジットカードを解約するタイミングはいつにするべきかというものがありますが、解約時期に期限などの決まりはないので自分が解約を決めたタイミングで解約手続きをしましょう。

窓口に行って解約手続きをする

クレジットカードを取り扱っている銀行の窓口やカード会社のカードカウンターなど、実際の店舗の窓口でもクレジットカードの解約ができることもあります。窓口に出向いてクレジットカードの解約をする際は、解約したいクレジットカードと一緒に、運転免許証などの本人確認できるものも持っていく必要があるので、窓口に行く前に必要なものを確認することがオススメです。

WEBや専用アプリから解約手続きをする

クレジットカードの中には、カード会社のWEBサービスや会員専用のアプリやで解約手続きができるものもあります。これらサービスで解約手続きを行う場合は、記載の指示に従って必要事項などを記入し進めます。
方法が分からない場合は、カード会社のWEBサービスや電話で確認をすることがオススメです。

クレジットカード解約前の5つの確認

クレジットカードを解約した後に実は解約前にこうすればよかったという後悔をする人は少なくないはず。複数枚もあって、管理しきれないから解約する人もそうでない人も解約した後に困らないためにも、解約前に以下のことを確認しておくことが大切です。

1.各種サービスの支払い方法の変更手続きができているか

光熱費などの公共料金や携帯電話料金をクレジットカードを支払いしている場合、先にカードを解約してしまうと解約後に支払いができなくなります。解約予定のカードが今現在支払っているサービスの引き落とし先になっているかどうかをあらかじめ確認し、引き落とし先になっている場合は解約前に支払い方法の変更手続きを完了させておきましょう。

2.貯まっているポイントはないか

クレジットカードでポイントがつくものも多くあります。長く使っているほどポイントは貯まっているものです。 クレジットカードを解約すると、たまったポイントは全てなくなってしまい取り戻すことはできません。

なので、クレジットカードを解約する前にポイントがたまっていないか確認し、たまったポイントを景品に交換したり、ポイント移行サービスを利用したりしてから解約をしましょう。
尚、クレジットカード会社によっては、ポイント利用や移行の反映前に解約してしまうと申請自体が無効になることがありますので、ポイントの利用・移行が完了したことを確認して解約することをおすすめします。

3.分割払いやリボ払いなど未払いのものがないか

クレジットカードは、一括払いだけでなく分割払いやリボルビング払いなどの支払い方法があります。

クレジットカードを解約する時は、分割払いやリボルビング払いの残債も一括請求されるのが一般的で、未払い額が大きいと一括請求された際の金銭的な負担が大きくなります。なので、未払い額の総額を確認したうえで、未払い額の支払い計画を考えたうえで解約のタイミングを決めましょう。未払い額はカード会社に問い合わせることで確認できます。

リボ払いのお支払いについて詳しく知りたい人はこちらからご確認ください。

4.手元に残すクレジットカードを決めているか

クレジットカードで全て解約する人と特定のカードを手元に残す人と2つに分かれます。特定のクレジットカードを手元に残す場合、そのカードの利用するシーンを想像し予め残す基準を決めるといいでしょう。

海外に行く機会のある方は、Visaなどの特定ブランドカードしか使えないことがあるので注意です。ゴールドカード以上のステータスカードは年会費が高額ですが、多くの付帯サービスがあり、持つための審査が厳しいこともあります。

5.解約後の支払い方法を決めているか

クレジットカードを解約した後、今支払っている商品やサービスを代わりにどのような手段で支払うのかを予め決めておくこと重要です。解約したのはいいけれど、解約後にそれぞれどの手段で支払おうと悩んだり、用途別に支払う手段を変えたいと思う人も少なくないはず。

クレジットカード解約後でもクレジットカードのように便利に支払いたいという人には、バンドルカードのような「プリペイドカード」を使う方法もあります。
プリペイドカードには、あらかじめチャージした金額分をクレジットカードのように使うことができるものもあります。

クレジットカードを持っているとお金を使いすぎてしまうことが理由で、クレジットカードの使い方を見直したり解約する人は、チャージした金額しか使えないプリペイドカードを持つことでお金の使いすぎを防ぐことができます。

クレジットカードの使い方を見直したい、用途別に支払うカードを分けたいという方は、クレジットカードとプリペイドカードを併用することで、光熱費など支払わなければいけないものをクレジットカードにして、食費などの支払いをプリペイドカードにするなど用途別に分けることもオススメです。

クレジットカードを全て解約する人も手元に残す人もバンドルカードのようなプリペイドカードを持つことは、解約後の支払いで困ったときに役立ちます。

クレカ解約後に持つのがオススメのバンドルカードとは?

バンドルカードとは、誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリです。

お支払いの前に、使いたい金額をチャージしてから使います。 バンドルカードは、クレジットカードと同じように、Visa加盟店で使うことができます。 バンドルカードには審査や年齢制限がなく、誰でも作ることができます。

アプリをダウンロードするとすぐに、ネット決済で使うことができるVisaプリペイドカードが発行されます。 別途リアルカードを発行することで、街のお店(実店舗)でも使うことができます。

基本は前払い式ですが、ポチっとチャージを使えば、チャージした分を後払いで支払うこともできます。

以下では、バンドルカードのメリットを順に紹介します。

バンドルカードのダウンロードは下のアイコンからどうぞ。

誰でもすぐに作れる

バンドルカードには、クレジットカードのような審査や年齢制限がありません。

また、アプリをダウンロードし、電話番号などを入力するだけで、すぐにVisaカードを発行することができるのも特徴です。 ダウンロード後すぐに発行されるカードは、バーチャルカードと呼びます。 このバーチャルカードは、国内外のネット決済で使うことができます。 別途、アプリの申請画面からリアルカードを発行することで、街のお店でも使えるようになります。

すぐ履歴が確認できる

バンドルカードは、アプリになっているので、チャージや支払いをするとスマートフォンにすぐに通知が届きます。 また、チャージや支払いの履歴はアプリ内の明細からいつでも確認することができます。 支払い履歴などをアプリから一目で見ることができ、いくら使ったのかがわかりやすいので、使いすぎの心配もありません。

決まった金額をチャージして使えば、毎月の予算を決めてその予算内でやりくりする「袋分け家計簿」のような使い方もできます。

後払いのポチっとチャージが使える

バンドルカードは、プリペイドカードなので、基本的にはあらかじめ使いたいお金をチャージしておく必要があります。 しかし、ポチっとチャージを使えば、チャージしたお金を後払いにすることができます。

ポチっとチャージでチャージしたお金は、手数料と一緒に翌月末までにコンビニなどで支払えばOKです。

「いまお金はないけど欲しいものがある・・・」 「給料日に合わせて支払いたい」 という方にはとっても便利ですね。

まとめ

この記事では、クレジットカードを解約する方法と解約する前に確認したい5つの対策について解説しました。

記事で紹介されているバンドルカードなら誰でもすぐに作れてクレジットカードのように使うことができます。

クレカを解約をする前に確認するだけでなく、解約後の支払いについてバンドルカードを登録するなどの準備するのはいかがでしょうか。

Atsushi Yamaguchi

作成:2022年8月3日

人気記事

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

営業時間:平日9:30 〜 17:00

電話窓口受付終了のお知らせ

バンドルカードサポートデスクは電話でのお問い合わせ受付を終了させていただきます。
受付を終了する電話番号:050-5578-8117
詳しくはこちら