サブスクにも使えて便利なVisaプリペイド【バンドルカード】

お金の管理ができない人必見!誰でもできるお金の管理方法を徹底解説!

目次

  • お金の管理ができない人必見!誰でもできるお金の管理方法を徹底解説!
  • お金の管理ができない原因
  • 誰でもできるお金の管理方法
  • お金の管理ができない人の必需品!バンドルカードとは?
  • まとめ

お金の管理ができない人必見!誰でもできるお金の管理方法を徹底解説!

お金の管理をしたいと思っているけれどできない、お金の管理の仕方がわからないなどお金の管理の悩みを持つ人は多いはず。

そんな悩みを持つ人向けに誰でもできるお金の管理方法もご紹介します。

お金の管理ができない原因

お金の管理の方法を知る前に、まずは自分がなぜお金の管理ができていないのかの原因を知ることが大切です。

これからご紹介するものに自分があてはまっていたからダメということはありません。原因を知り、自分に合ったお金の管理方法を探っていきましょう。

無駄遣いが多い

コンビニに行った際に買うつもりのないものまでついつい買ってしまったということはないでしょうか?

無駄遣いが多い人は、普段の生活の中で欲しいものがあったときに、買うべきかどうか考えることなく買ってしまう傾向があります。
さらに、欲しいものが趣味や好きなものに関係のある場合は特にすぐ買ってしまうこともあります。買った後に不要だったかなと後悔することも少なくないはず。

これらが無駄遣いの原因です。対策として、買い物をする時にはその日は買わずに考えて、次の日も買いたいと思う場合に買うなど、買う前にワンクッション置いたほうが良いでしょう。

収支を把握していない

お金を管理することは支出だけではありません。収支を把握していないことも原因です。

支出を少なくしても収入が支出よりも少なければ、結果赤字でお金の管理ができていることにはなりません。つまり、支出を少なくするということだけではなく、収入と支出の両方を知ることが大切です。 収支を知ることで、毎月いつの間にかお金がなくなっていて、自分が何にお金を使っているのかも分からないということがなくなるでしょう。

いきなり収支を知ることは難しいという人は、まずは支出を知ることから始めてみると良いかもしれません。

自分に合ったお金の管理方法を知らない

お金の管理をしなければいけないと分かっていても、どのように管理すれば良いか分からない人も多いはず。中には自然とお金の管理ができている人もいるかもしれませんが、できていない人はその方法を知ることから始めることが大切です。

お金の管理を自己流ですることも良いですが、労力がかかって複雑になって途中であきらめてしまうこともあります。逆に身近な人が実践しているお金の管理方法を試してみたけれど、続かなかった、飽きてしまったということも。

お金の管理方法に正解はなく、大切なのは自身の性格やライフスタイルに合った方法を見つけることです。次の章を参考に、自分に合う方法で長く続けられる負担の少ない方法を見つけましょう。

誰でもできるお金の管理方法

お金を上手に管理するためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

さまざまな方法がありますが、その中でも誰でもできる方法をここから解説していきます。

予算を設定する

お金の管理を行うにあたって予算を考えることが大切です。

予算を立て現在と見比べることで、自分は何をしなければいけないかを知ることができます。逆に予算や普段の生活のお金の流れを知らずに、住居費や食費、通信費など入ってくる収入以上に使った場合は、お金の管理できず赤字になってしまいます。

すでに予算を立てている人もこの機会に改めて予算が適正なものかを確認し、もし今の予算が無理があるものであれば見直しをするのが良いでしょう。

貯蓄したい人は、貯蓄分も予算に入れるのがオススメです。予算に入れる際の貯蓄分は支出した後に余ったお金でするのではなく、収入から貯蓄を差し引いたものが支出と考えましょう。
貯蓄のためのお金は生活するお金とは別なので、貯蓄を除いた収入の中でやりくりをし、普段の生活費とは別のお金と考えて引き出さないこともポイントです。

支払い用途別に口座を使い分ける

自分が何にお金を使っているかを知ったとしてもそれで終わってしまい、貯蓄や自分の求めるレベルのお金の管理がまだできないという方もいます。その対策として、銀行口座を活用してお金の管理をする仕組みを作ることもオススメです。

1つの例として、お給料が振り込まれる口座、貯金用の口座など用途別に口座を設定することで、お金の管理の仕組みを作ることができます。

貯金をしたい場合には、お給料が振り込まれたら、お給料が振り込まれる口座から貯金用口座にあらかじめ決めた金額が自動入金されるように設定をします。
それができれば、毎月10,000円を入金する場合、1年で120,000円貯蓄することができます。

自分で管理することが苦手な方は、自動で入金されるような仕組みを作ってお金の管理をするのがよいでしょう。

家計簿やアプリで収支を把握する

自分がどれくらいお金を使っているのか「見える化」したい場合は、家計簿をつけることがオススメです。

お金の管理ができない人は、お金をいくら使っているのかのお金の流れが分かっていないことが多いです。
まずは家計簿をつけて、自分が何にいくら使っているのかを明らかにしましょう。家計簿を見て「買ったものは本当に必要なのか?」と振り返って行動に移すことができます。
無駄遣いをなくすためにもお金の流れの「見える化」は大切です。

家計簿をつける上で大切なことは継続して続けられるもの、つまり自分に合った方法を選ぶことです。実際にノートに記入するものやスマホのアプリで記入していくものなどがあります。手書きの家計簿が苦手と言う人には無料の家計簿アプリを使うことも良いでしょう。

家計簿でなくてもクレジットカードやバンドルカードのようなプリペイドカードのアプリで支出を管理できるものもあります。

クレジットカードの利用を見直す

クレジットカードがあれば、手持ちの現金がなくても買い物ができるため便利です。中にはクレジットカードを利用するとポイントを貯められるため、ポイントを貯めつつ買い物をしたいという人も多いでしょう。

しかし、クレジットカードのように後払いの場合、決済したときと実際に自分の口座からお金が引き落されるタイミングが異なるためお金の管理が難しくなります。お金の管理ができない人がクレジットカードを利用してしまうと、残高不足で引き落としができない問題も発生することもあります。

クレジットカードの中でも、アプリと連携して支払いのたびにスマートフォンに通知が来るようにして使った金額を確認できるようにするものもあるので、持っているクレジットカードにその機能があるかどうか確認してみるのも良いでしょう。

それでもクレジットカードだとどうしてもお金を使いすぎてしまう不安のある人は、クレジットカードは使わない、もしくは光熱費や水道代など支払わなければいけない固定費のものはクレジットカード支払いにして、結果的にクレジットカードで支払う回数を少なくするという方法もあります。

プリペイドカードや現金を利用する

お金をどれくらい使っているのか把握するためには、クレジットカードのようなお金を使った感覚が少ないよりも現金などお金が減っていく感覚があるものの方が良いでしょう。お金を使った感覚があれば、ついつい使いすぎたということを防ぐことができます。

具体的な方法として、支払いを現金にすることで、いくら使ってあといくら残っているのかを把握できるのでお金の管理がしやすくなります。

現金の他にも、バンドルカード のようなプリペイドカードを使う方法もオススメです。

プリペイドカードはチャージした金額しか使うことができないのでお金の使いすぎを防ぐことができて、さらにスマートフォンから支払いやチャージ残高の確認を行うことができるものもあります。

お金の管理ができない人の必需品!バンドルカードとは?

バンドルカードとは、誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリです。

お支払いの前に、使いたい金額をチャージしてから使います。 バンドルカードは、クレジットカードと同じように、Visa加盟店で使うことができます。 バンドルカードには審査や年齢制限がなく、誰でも作ることができます。

アプリをダウンロードするとすぐに、ネット決済で使うことができるVisaプリペイドカードが発行されます。 別途リアルカードを発行することで、街のお店(実店舗)でも使うことができます。

基本は前払い式ですが、ポチっとチャージを使えば、チャージした分を後払いで支払うこともできます。

以下では、バンドルカードのメリットを順に紹介します。

バンドルカードのダウンロードは下のアイコンからどうぞ。

誰でもすぐに作れる

バンドルカードには、クレジットカードのような審査や年齢制限がありません。

また、アプリをダウンロードし、電話番号などを入力するだけで、すぐにVisaカードを発行することができるのも特徴です。 ダウンロード後すぐに発行されるカードは、バーチャルカードと呼びます。 このバーチャルカードは、国内外のネット決済で使うことができます。 別途、アプリの申請画面からリアルカードを発行することで、街のお店でも使えるようになります。

すぐ履歴が確認できる

バンドルカードは、アプリになっているので、チャージや支払いをするとスマートフォンにすぐに通知が届きます。 また、チャージや支払いの履歴はアプリ内の明細からいつでも確認することができます。 支払い履歴などをアプリから一目で見ることができ、いくら使ったのかがわかりやすいので、使いすぎの心配もありません。

決まった金額をチャージして使えば、毎月の予算を決めてその予算内でやりくりする「袋分け家計簿」のような使い方もできます。

後払いのポチっとチャージが使える

バンドルカードは、プリペイドカードなので、基本的にはあらかじめ使いたいお金をチャージしておく必要があります。 しかし、ポチっとチャージを使えば、チャージしたお金を後払いにすることができます。

ポチっとチャージでチャージしたお金は、手数料と一緒に翌月末までにコンビニなどで支払えばOKです。

「いまお金はないけど欲しいものがある・・・」 「給料日に合わせて支払いたい」 という方にはとっても便利ですね。

まとめ

この記事では、お金の管理ができない原因と誰でもできるお金の管理方法を解説しました。

「まわりはできているのに自分はできない」と落ち込む必要はありません。自分がお金の管理ができない原因を知って自分に適した方法を見つけてできる所から実践することで解決できます。

記事で紹介されされているバンドルカードは、誰でもすぐに作ることができ、今すぐにお金の管理を始めることができます。

この機会にバンドルカードを登録して、お金の管理対策を始めてみるのはいかがでしょうか。

Atsushi Yamaguchi

作成:2022年9月5日

人気記事

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

営業時間:平日9:30 〜 17:00

電話窓口受付終了のお知らせ

バンドルカードサポートデスクは電話でのお問い合わせ受付を終了させていただきます。
受付を終了する電話番号:050-5578-8117
詳しくはこちら