サブスクにも使えて便利なVisaプリペイド【バンドルカード】

クレジットカードの使いすぎを防ぐ3つの対策!クレカ使うのが怖い人必見!

目次

  • クレジットカードを使いすぎてしまう理由
  • クレジットカードの使いすぎを防ぐ3つの対策
  • 使える金額を予算として決めておく
  • お金の動きをチェックする
  • クレジットカードと「プリペイドカード」を併用する
  • バンドルカードとは?
  • まとめ

クレジットカードを使いすぎた経験はないですか?
思っていたよりもクレジットカードを使っていたなという経験のある人は少なくないはず。

この記事では、バンドルカードを運営する株式会社カンムがクレジットカードの使いすぎを防ぐ方法について解説します。

クレジットカードを使いすぎてしまう理由

クレジットカードは支払いが簡単になるだけではなく、カードによってはポイントも獲得できるなど様々な特典があります。 また現金を持ち歩かずにすむので、ATMの利用回数が減り、とても便利です。

その一方で、「お金を使っているという感覚がなくなる」こともあります。これによって無駄づかいが増えてしまったというケースもあるようです。

クレジットカードの使いすぎを防ぐ3つの対策

使える金額を予算として決めておく

「クレジットカードでお金を使うのはいくらまで」と決めておくことが大切です。

例えば家計簿をつけている場合、あらかじめ「今月の食費や交際費はいくらまで」と決めて管理をする人が多いでしょう。クレジットカードも同じように取組みます。
ただし、色々なキャッシュレス決済を利用している人には、「クレカで払うのはいくらまで、○○で払うのはいくらまで」と管理をするのは大変になるので、まずはクレジットカードだけの予算を作ることがオススメです。

クレジットカードで使う金額の予算を組むことで、使いすぎない仕組みを継続できるようにしましょう。

お金の動きをチェックする

クレジットカードを使いすぎてしまう原因のひとつに「お金を使っている実感がない」が挙げられます。

現金で買い物をする場合、持っている現金以上のお金は使えません。なので、減っていく残金を現物で確認できるので使いすぎに気づくことができます。
一方でクレジットカードはお金を使っても減った感覚がないことがあります。

解決策として、アプリと連携して支払いのたびにスマートフォンに通知が来るようにして、使った金額をすぐに確認できるようにすることがオススメです。

クレジットカードと「プリペイドカード」を併用する

「クレジットカードの使いすぎ」を防止する方法のひとつにバンドルカードのような「プリペイドカード」があります。

あらかじめチャージした金額分しか使えないため、クレジットカードのように気が付いたらお金を使いすぎていたということがありません。 さらに「アプリ」をひもづけて、スマートフォンから支払いやチャージ残高の確認を行うことができるものもあります。

光熱費など支払わなければいけないものをクレジットカードにして、食費など使いすぎてしまう用途の支払いをプリペイドカードにするなど、用途別にカードの支払いを分けたいときにプリペイドカードを持つことはオススメです。

クレジットカードの使いすぎ対策ができるバンドルカードとは?

バンドルカードとは、誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリです。

お支払いの前に、使いたい金額をチャージしてから使います。 バンドルカードは、クレジットカードと同じように、Visa加盟店で使うことができます。 バンドルカードには審査や年齢制限がなく、誰でも作ることができます。

アプリをダウンロードするとすぐに、ネット決済で使うことができるVisaプリペイドカードが発行されます。 別途リアルカードを発行することで、街のお店(実店舗)でも使うことができます。

基本は前払い式ですが、ポチっとチャージを使えば、チャージした分を後払いで支払うこともできます。

以下では、バンドルカードのメリットを順に紹介します。

バンドルカードのダウンロードは下のアイコンからどうぞ。

誰でもすぐに作れる

バンドルカードには、クレジットカードのような審査や年齢制限がありません。

また、アプリをダウンロードし、電話番号などを入力するだけで、すぐにVisaカードを発行することができるのも特徴です。 ダウンロード後すぐに発行されるカードは、バーチャルカードと呼びます。 このバーチャルカードは、国内外のネット決済で使うことができます。 別途、アプリの申請画面からリアルカードを発行することで、街のお店でも使えるようになります。

すぐ履歴が確認できる

バンドルカードは、アプリになっているので、チャージや支払いをするとスマートフォンにすぐに通知が届きます。 また、チャージや支払いの履歴はアプリ内の明細からいつでも確認することができます。 支払い履歴などをアプリから一目で見ることができ、いくら使ったのかがわかりやすいので、使いすぎの心配もありません。

決まった金額をチャージして使えば、毎月の予算を決めてその予算内でやりくりする「袋分け家計簿」のような使い方もできます。

後払いのポチっとチャージが使える

バンドルカードは、プリペイドカードなので、基本的にはあらかじめ使いたいお金をチャージしておく必要があります。 しかし、ポチっとチャージを使えば、チャージしたお金を後払いにすることができます。

ポチっとチャージでチャージしたお金は、手数料と一緒に翌月末までにコンビニなどで支払えばOKです。

「いまお金はないけど欲しいものがある・・・」 「給料日に合わせて支払いたい」 という方にはとっても便利ですね。

まとめ

この記事では、クレジットカードの使いすぎを防ぐ3つの対策について解説しました。

記事で紹介されされているバンドルカードならチャージ型なので、お金を使いすぎにくく、利用した履歴もアプリと通知ですぐ確認できます。 またバンドルカードは、誰でもすぐに作ることができます。

この機会にクレカとバンドルカードの併用して、お金の使いすぎ対策を始めてみるのはいかがでしょうか。

Atsushi Yamaguchi

作成:2022年8月1日

人気記事

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

営業時間:平日9:30 〜 17:00

電話窓口受付終了のお知らせ

バンドルカードサポートデスクは電話でのお問い合わせ受付を終了させていただきます。
受付を終了する電話番号:050-5578-8117
詳しくはこちら