今話題のフィンテック(FinTech)とは?

みなさんは「フィンテック(FinTech)」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

日常の中にだんだんと使われ始め、最近は消費税におけるキャッシュレスの話題を話すにおいて「フィンテック(FinTech)」という言葉は不可欠な単語の一つです。

しかし、「フィンテック(FinTech)」という単語がなんなのかということを理解していなければ意味がありません。 どんな意味で、私たちの日常において使われているのか見ていきましょう。

フィンテック(FinTech)とは?

日本で唯一お札(紙幣)を発行している日本銀行では、以下のように定義しています。


FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。身近な例では、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。

米国では、FinTechという言葉は、2000年代前半から使われていました。その後、リーマンショックや金融危機を経て、インターネットやスマートフォン、AI(Artificial Intelligence、人工知能)などを活用したサービスを提供する新しい金融ベンチャーが次々と登場しました。 例えば、資金の貸し手と借り手を直接つないだり、Eコマースと結びついた決済サービスを提供する企業があるほか、ベンチャー企業が決済などの金融サービスに参入する動きも増えています。


要は、FinTech = Finance(金融)× Technology(技術)。 金融においてどんどんテクノロジーの力を使っていこうという流れの中で、その動き自体やその動きに乗ったサービスを表す言葉です。

日本銀行によると2000年代前半からこの言葉は使われ始めていたようですが、この言葉が使われ始めた当初は、エンドユーザーである私たち消費者や、金融取引機関などに向けたスタートアップサービスのことを「FinTech(フィンテック)」と呼んでいました。

しかし、時間の流れと共にbitcoinなどの仮想通貨のような、金融におけるイノベーション的なテクノロジーまで含めて「FinTech(フィンテック)」と呼ぶようになっています。 どんどん定義が広くなっていってるんですね。

また、フィンテックの役割は大きく2つに分けられます。

新しいデジタルビジネスモデルの創出

  • フィンテックの利用により、新しい商品やサービス、エコシステムを作ること。(例:仮想通貨など)

コスト削減

  • フィンテックの利用により、口座開設や、顧客サービス、ビジネスプロセスなどの摩擦を削減すること。(例:AIによる資産運用など)

フィンテック(FinTech)にはどのようなものがあるのか?

上記のように、フィンテックの幅は広がり、ビジネスモデルも増え続けています。

出典:@8maki

これは、日本のフィンテックの一部サービスをまとめたカオスマップです。 多すぎて把握できませんよね(笑)

それだけ多くの企業がフィンテックに力を注いでいます。

だからこそ、みなさんもどこの分野のどの情報を手に入れるべきなのかしっかり考える必要があるでしょう。

「フィンテック」という大枠だけでなく、もっと詳細にどんなビジネスについて知りたいのか、それぞで何が起こっているのか調べてみてはいかがでしょうか?

バンドルカードもフィンテック(FinTech)の一つ

また、調べるだけでなくサービスを実際に使用してみることも大切です。上のマップからもわかりますが、実際問題消費者として生きる上では私たちの生活に密接に関わってくるサービスは限られてきます。

密接にかかわってくるサービスの一つに「決済」がありますが、そのサービスの一つに「バンドルカード」があります。

バンドルカードがどんなものか解説した記事はこちらになります。

» VISAプリペイドカードのバンドルカードとは?

テクノロジーを通じて、私達の日常を便利にしていくフィンテックのこれからにも期待しつつ、いろいろなサービスにどんどん触れていきましょう!

Yoh Kudo

2018年10月30日

コラム

この記事をシェア

関連記事

ご質問等がございましたお気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9:30 〜 17:00